Bankera(バンクエラ)のICO登録とトークンの購入方法。仮想通貨の次世代銀行が今後の主流となるか?

bankera-ico-registration

考えてみれば、暗号通貨は「通貨」と言われるにも関わらず、銀行のようなもはありませんよね。

あるのは取引所とウォレットだけ。

そもそも、日本では「通貨」ではなく「モノ」扱いですから当然といえば当然ですが…。

ただ、今後 暗号通貨と法定通貨が、世の中で一緒に機能するためには、両方を扱う銀行が必要だと思いませんか?

そんな暗号通貨の銀行を目指してICOを行うのが「バンクエラ」。

バンクエラのICOに参加するにはスペクトロコインのアカウントが必要ですが、無料で、しかも本人確認なしでアカウントが作成できますので、是非作っておきましょう!

外部リンクアイコンスペクトロコインの公式サイトはこちら


Sponsored Links

バンクエラ(Bankera)は仮想通貨(暗号通貨)の銀行

バンクエラはネットバンキングのようなものなので、利用したことがある人ならイメージしやすいと思います。

一般のネットバンキングと違うところは、操作メニューに暗号通貨が追加されていることだけ、でしょう。

バンクエラが運営するスペクトロコイン(SpectroCoin)

bankera-ico-registration1

バンクエラの創業チームは2014年からスペクトロコインという暗号通貨の販売所を運営しているんですね。

販売所なので、トレードはできませんが。

ビットコインの両替や、ウォレット(電子財布)の管理、ビットコインの決済サービスなどが主な業務ですね。

ざっくり言うと、今回のICOは、このスペクトロコインに、銀行としての業務、支払い、ローンと貯金、投資のサービスを追加するための資金を集めることが目的です。

そしてそれらのサービスを統合した暗号通貨の銀行がバンクエラなのです。

暗号通貨の銀行に預金

先ほど銀行としての業務の中で、さらっと「貯金」と書きましたが、これって凄くないですか?

いま、取引所や自分専用のウォレットで保管している暗号通貨は、利息ってつかないですよね。

でもバンクエラが予定通り暗号通貨の銀行として設立されれば、そこで暗号通貨の貯金ができて、利息がもらえるんですよ!

暗号通貨を預けると利息がもらえる → 資産として長期保有する人が増える → 市場に出回る暗号通貨の数量が減る → 暗号通貨の希少価値が出る!

いま、法定通貨や金などで資産を保有している人たちが、暗号通貨で資産を保有しはじめたら…。

バンクエラがどの程度の利息をつけるのかはわかりませんが、少なくとも今の日本の超低金利よりは利回りがよくなる、はず。

今のうちに、思いっきり暗号通貨を貯めて、暗号通貨の利息で暮らす、なんてこともできるかも知れませんね!

現在取り扱っている通貨

気になる取り扱い通貨ですが、いまのところスペクトロコインで取り扱いがある通貨は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ダッシュ
  • ユーロ
  • ドル

若干、寂しい感じですが、これは今後に期待しましょう。

ちなみに、バンクエラでは上記の他に英国ポンドなど主要な22の法定通貨を取り扱うと宣言されています。

暗号通貨だけではなくて、法定通貨の銀行としても営業するようですね。

アドバイサーにネム財団の代表

bankera-ico-registration2

ICOで一番気になるのが、その会社の信用ですね。

実のところ、よくわからないICOが世の中にたくさんあるのですが、信用を確認する1つの指標として「開発メンバー」を見ることが重要です。

ICOで資金を集めて、それを運用する人たちが、必ずホワイトペーパーに載っていますが、この人たちを見ることで、若干ですが信用度合いが測れます。

では、このバンクエラは、、、ヨーロッパの団体ということで、日本で馴染みのある人はいません…。

ただ、アドバイザーの中にネム財団の代表ロン・ウォンさんが名を連ねています。

だからどうした?と言ってしまえばそれまでですが、他のICOよりは潰れたり逃げたりする可能性が低いのではないかと思いますよ。

ツイッターでも、バンクエラとCOMSAを合わせて発言されていますね。

ちなみに、いま非常に盛り上がってるCOMSAですが、まだ知らない人は、以下の記事を参考にしてください。

先行者メリット待ちがなしですので、乗り遅れないように必ず事前登録をしておきましょう。

【10/3】
10/3よりCOMSAのトークンセールが開催されています!

参考:comsa(コムサ)ICOが遂に開始!10/2から始まるタイムボーナスでの買い方やトークン価格などを緊急解説!


Sponsored Links

ICOの登録方法と付与されるBNKトークン

ICOに参加するためには、まず登録、、、というのが一般的ですが、バンクエラのICOは特に「登録」という作業はないんですよ。

では、どうすればICOに参加できるのか?

それは、後述するスペクトロコインでアカウントを作成し、普通にBNKトークンを購入するだけ。

これでICOへの参加が完了します!

では、購入するBNKトークンとは、どんなものなのでしょうか。

BNKトークンを所有するメリット

実は、このBNKトークンを所有していると、実は配当がもらえるんですよ!(ただし、バンクエラが完全に稼働するまでの間)

配当は、バンクエラとスペクトロコインが上げた純取引利益の20%分です。

これを毎週集計して、全BNKトークン所有者に、所有している数量に応じて分配します。

ただ、残念ながらスペクトロコインの過去の利益は公表されていません。

したがって、「顧客数は30万人(新規登録は毎日1300件以上)」「カード発行枚数は5万枚以上」「一日平均出来高は50万ユーロ(約6500万円)以上」と公表されている数字から想像するしかないですね。

バンクエラのプレICOとICO

bankera-ico-registration3

バンクエラのICOは、プレICOとICOの2つの期間にわかれています。

プレICOは、既に8/28から開始されていますので、実はもうBNKトークンの購入が可能なんです。

ただし、プレICOで発行されるBNKトークンは25億BNKに制限されているので、これが売り切れたら…、プレICOは終了ですね。

9/22現在、プレICOの25億BNKは完売しました!(もちろんビジネスインフィニティメンバーは、プレICOで参加済み!)

次は、10月中旬からICOが開始されます。
【10/16 修正】ICOは11月末開始に変更されました。

ICOでの価格は、プレICOの売れ行きによって、価格が設定されることになっています。

bankera-ico-registration4

今回プレICOで25億BNKが完売しましたので、10月中旬11月末からのICOの時の価格は、1BNK = 0.017ユーロに決定ですね!

ICO後に、BNKトークンの価格がどの程度で取引されるか、は市場原理に従って決まりますので、いまのところはなんとも言えませんが、プレICOで準備されていた25億BNKが1ヶ月足らずで完売するくらい人気があることは間違いないですね。

また、最少購入数の規定もありませんので、極端な話、1000円とかでも参加することはできますよ。

BNKトークンの発行数量

プレICOでは発行数量は25億BNKと決まっていますが、その後のICOでは75億BNKに設定されています。

またバンクエラの開発チームやアドバイザーなどへの配布で、結局合計250億BNKが発行されるようです。

これを多いとみるか、少ないとみるか…、は個人の判断によりますが、スペクトロコインの公式サイトは英語、日本語、中国語を含む6カ国語に対応していますので、顧客はこの6ヵ国語を公用語とする国々全て、のようです。

BNKトークンの購入方法

【10/16修正】
次回ICOは、11月末から開始が予定されていますので、それ以降にBNKを購入することができるようになります。

ICOに参加する方法はとても簡単!

ただ、メールアドレスを登録するだけ。

本人確認もありませんので、免許証の画像とかも必要ないです。

ただ、BNKトークンを購入するためには、ビットコイン、イーサリアム、ダッシュのどれかが必要です。

予め日本の暗号通貨取引所で購入しておきましょう。

どの通貨で購入しても、購入時のユーロと暗号通貨の変換レートを考慮してくれているようですので、大体 1BNK = 0.017ユーロ相当で購入することができますよ。

ここでは、ビットコインを入金して、BNKトークンを購入する方法について説明しています。

SpectroCoin(スペクトロコイン)の登録方法

まず、スペクトロコインの公式サイトを表示して、必要事項を入力します。

外部リンクアイコンスペクトロコインの公式サイトはこちら

もし日本語以外の言語が表示されている場合は、画面右上の地球マークをクリックして言語設定を日本語に切り替えてください。

bankera-ico-registration6

  1. メールアドレスを入力
  2. 設定したいパスワードを2回入力
  3. →パスワードは、英字の大文字と小文字、数字をそれぞれ1字以上含み、長さは8文字から256文字まで。32文字以上を推奨。

  4. 利用規約を確認してチェック
  5. 「私はロボットではありません」にチェック
  6. 「申し込む」をクリック

「申し込む」をクリックすると、「SpectroCoin.com e-mail confirmation」というタイトルのメールが届きますので、本文中にあるURLを、先ほど申し込みをしたブラウザで表示してください。

これでスペクトロコインの登録は完了です。

次は入金を行いますので、ログインしておいてください。

SpectroCoinに購入資金を送金

bankera-ico-registration7

  1. 画面上部の「入金」をクリック
  2. 「ビットコインを入金する」をクリック

ビットコインの入金用アドレスが表示されますので、アドレスをコピーして送金元の宛先に入力(ペースト)してください。

「写し」をクリックすると、ビットコインアドレスがコピーされますので、反転させるよりこちらのほうが確実です。

このアドレスをコピーし間違えると、コインが消失しますので、絶対に間違えないようにしてくださいね。

あとは、送金元の取引所で送金手続きを行えば終わりです。

次は、いよいよBNKトークンを購入します。

BNKトークンの購入方法

bankera-ico-registration8

  1. 画面上部の「両替取引」をクリック
  2. 「両替するアカウント」でBTCを選択
  3. 「お受け取りアカウント」でBNKを選択
  4. 購入に使用するビットコインの数量を入力
  5. 「送信する」をクリック

購入に使用するビットコインの数量を入力する代わりに、BNK欄に購入するBNKの数量を入力することもできます。

また「BTC USE ALL」をクリックすると、所有しているビットコイン全額が自動で入力されます。

「送信する」をクリックすると、BNKトークンの購入は完了です。

これでバンクエラのICOに参加できました。

ICO後のスケジュール

bankera-ico-registration9

10月のICOは11月初めまで続き、その後はバンクエラ側がICOで集めた資金で準備を進めます。

【10/16追記】
ICOは11月末開始に変更されました。

その後は、以下のようなスケジュールで進む予定です。

  • 2018年夏までに決済代行サービス開始
  • 2018年秋までに銀行ライセンス申請書提出
  • 2019年末までに銀行ライセンスの取得を目指す

バンクエラが稼働し出すのは、ちょうど1年後のようですね。

短期の利益を期待するというよりは、配当をもらいながらのんびり待つ、という姿勢がいいかも知れませんね。


Sponsored Links

関連記事

  1. changebank-ico

    ChangeBank(チェンジバンク)のICOトークンセールへの参加方…

  2. sbi-global-max

    SBI Global Max(仮称)が香港に開設予定。新仮想通貨取引所…

  3. what-monacoin

    モナコインとは?2017年半減期を通過した今後の動き(チャート)や取引…

  4. bitcoin-jpmorgan

    JPモルガンチェース銀行は5月にZcashと提携済みにも関わらず、CE…

  5. dag-blockchain-iota_2

    DAGとは次世代のブロックチェーン!?仮想通貨IOTA(アイオータ)に…

  6. freebitcoin-howtoplay

    フリービットコインの遊び方や登録方法。ゲームの使い方とボーナス攻略での…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. reftoken-ico_3
  2. b2bx-ico-registration
  3. blockchainlab-conference_2
  4. sbi-ico-rating
  5. swell-swift
  6. valu-howto-buy_2
  7. bitcoin-fork
  8. metamask-how-to-use
  9. cryptocurrency-biometrics
  10. cryptocurrency-tax-return_1
Sponsored Links