【最新情報】エンジェリウム(ANGELIUM)ウォレット第2フェーズ開始後の仕組み解説。取引所上場後にANXトークン価格爆上げなるか!?

angelium-wallet200

Sponsored Links

ついにエンジェリウム第2フェーズ「聖なるエクスチェンジ」の情報が公開されました!

第1フェーズの「天使のウォレット」では、ユーザーの保有するBTCなどのアセットをHEAVENすることでANXが付与される仕組みでしたが、第2フェーズの「聖なるエクスチェンジ」ではユーザーが保有するANXをHEAVENすることで取引所収益(BTC、ETH、USTD)の一部が分配されることになります。

外部リンクアイコンANGELIUM(エンジェリウム)ウォレットの公式ページはこちらから

そして、第2フェーズからは取引所でトークンの売買も開始されます!

参加タイミングによってANXの取得価格が変わってくる為、出来るだけ安い価格でANXを購入する方が恩恵が大きくなっている状況です。

エンジェリウムは2019年6月21日にエンジェリウムウォレット(天使のウォレット)がリリースされ、現在も安定して毎日ドロップが行われています。

セクシー業界とVR事業をクロスさせたプロジェクトで、特にVR事業は市場規模が毎年右肩上がりになっている分野なので、非常に期待が持たれていますね!

また、エンジェリウムは海外のHIYP案件とは違い、運営がメディアに多数出演しているので、他のウォレットに比べて安心感もあります。

まさに一攫千金も夢ではないエンジェリウムプロジェクト。

ここでは、そんなエンジェリウムプロジェクトの第2フェーズ「聖なるエクスチェンジ」について詳しく説明していきたいと思います。

なお、エンジェリウムウォレットの登録方法はこちらの記事を参考にして下さい。

参考:ANGELIUM(エンジェリウム)ウォレットの登録方法と使い方や概要。2019年最も爆上げ期待値の高い仮想通貨「ANXトークン」をドロップでゲットしよう!

外部リンクアイコンANGELIUM(エンジェリウム)ウォレットの公式ページはこちらから

聖なるエクスチェンジの概要

angelium-wallet204

第2フェーズでは2つのボーナスが存在します。

1つ目はHEAVENボーナスです。

例えば、100万円分のBTCを運営が推奨する「HEAVEN 90」のプランでHEAVEN(ロック)した場合は「130% BONUS ANX」を受け取ることになり、100万円分(100%)のBTCが「130万円分(130%)のANX」に変換されて戻ってきます。

「HEAVEN 90」の場合は、ロック期間が90日となり、もしも、この90日間に「1ANX=0.01ドル」だったANXの価値が「1ANX=0.03ドル」に高騰した場合は最初に預けた100万円分(100%)のBTCが90日後に390万円(390%)にまで上昇する計算になります。

2つ目は日々の配当ボーナスです。

日々の配当ボーナスの金額はユーザーが保有しているANXの量、そしてHEAVENのプラン(何日ロックしているか)に応じて変動します。

例えば、10月1日に「HEAVEN90」で運営に対して100万円分のBTCを預けた場合、HEAVENボーナスで「130万円分のANX」を保有することになります。

そして、10月1日が終わった時点で全ユーザーの保有するANX総合計が「1億円分のANX」だったとします。

その場合、1億のうち130万のANXを保有しているので「全体に対して、1.3%のANX」を10月1日時点で保有している計算になります。

まず、これを基本とします。

そして次に、10月1日終了時点で運営(取引所)に対して「1,000万円分のBTC」が入って来たとします。

その場合、「HEAVEN90」を選択しているので、1,000万円の60%である「600万円」の中からBTCが報酬として分配される形になります。

そして、その600万円の中からどれくらい分配されるのかは保有しているANXの量に応じて変動します。

10/1終了時点で130万円分のANXを保有しているので、全ユーザーのうち「1.3%」のANXを保有している計算になり、600万円分のBTCから「1.3%分のBTC」を受け取る権利が発生します。

なので、600万円(HEAVEN 90)×1.3%(ANX保有量)=7万8,000円分のBTCが10月1日の配当として分配される形となります。

第2フェーズはNEW HEAVEN

angelium-wallet205

第1フェーズではユーザーが保有しているアセット(BTC、ETH、USTD)をHEAVENすることでANXがドロップされる仕組みでした。

しかし、第2フェーズのの「NEW HEAVEN」ではユーザーが保有しているANXをHEAVENすることで取引所収益の一部が分配されることになります。

なので、第2フェーズで収益分配を受け取るためには、エンジェリウムの取引所でBTCなどを使ってトレードでANXを購入する必要があります。

このようにANXをHEAVENでロックすることで売り圧力を抑えることができ、ANXの価格が上昇しやすい仕組みになっています。

9月20日以降、エンジェリウムウォレットのRelease settingが自動的に「ULTRA HEAVEN 90」に設定されます。

「ULTRA HEAVEN 90」を希望しない場合はRelease settingから「HEAVEN 30 or 60」または「STOP」を選択してください。

第2フェーズの報酬分配の仕組み

第2フェーズでユーザーがANXを手に入れる方法は取引所でBTCなどとトレードする必要があります。

そこで得たANXをユーザーがHEAVENすることで、取引所にはアセット(BTC、ETH、USTD)が日々送金されます。

そして取引所はユーザーがHEAVENすることで受け取ったアセット(BTC、ETH、USTD)を100%とした場合、その内の最大60%の金額を毎日ユーザーに分配します。

この報酬分配の比率はユーザーが保有しているANXの量とHEAVENする日数に応じて変動します。

また、第2フェーズからはユーザーに対する報酬分配はANXではなく、「BTC、ETH、USTD」で分配されます。

どの通貨で報酬が分配されるかは取引所に送金される「BTC、ETH、USTD」の比率によって変動します。

例えば1日で1億円分の送金が取引所にあったとして、その内、BTCが50%、ETHが30%、USTDが20%だった場合は、ユーザーへの分配も「5:3:2」でそれぞれの通貨が配布されることになります。

配布された通貨は国内の取引所に送金して出金するもよし、ANXを買い増しするも良しとなっています。

エンジェリウムはすぐに現金化できる通貨だけを取り扱っているというのも魅力の1つですね。

エンジェリウムの今後

angelium-wallet205

第2フェーズに入り、エンジェリウムは国内だけでなく海外へと規模を拡大していきます。

海外ユーザーからの大量の資金流入があれば、日々の収益分配も期待以上に膨れ上がる可能性が高くなると予想できますね!

今回は第2フェーズの始まりでしたが、今後は最終の第3フェーズも計画として控えているので、まだまだ楽しみの多いプロジェクトです。

もちろん、過度な期待をして、最終的にANXが値上がりしないという可能性もありますが、すでに第1フェーズから参加している方は毎日ドロップでANX受け取ることができたと思いますし、第2フェーズでもこのANXをHEAVENするだけで、分配報酬が受け取れるので、リスクは極めて低いと思います。

うまくいけば本当に一攫千金を狙えるプロジェクトになっていると思いますので、今後も楽しみに進捗を見守っていきたいと思います。


Sponsored Links

関連記事

  1. ledger-update

    Ledger Nano S(レジャーナノS)のアップデート方法。更新で…

  2. bnb-burn

    BNBのトークンバーンの時期や数量を解説。バイナンスの手数料の割引率と…

  3. comsa-listing

    COMSA(コムサ)上場時期はいつ?CMSトークンを扱うZaif取引所…

  4. telegram-gram00

    テレグラム(Telegram)の仮想通貨Gramとは?ブロックチェーン…

  5. cryptocurrency-biometrics

    仮想通貨は生体認証セキュリティーで守る!日立やMUFJが参加するブロッ…

  6. upcoin-registration

    UPcoin(アップコイン)の登録方法。新規開設する仮想通貨取引所にサ…