アマゾン米国のFBA納品先設定での固定方法を解説。【送料削減】送り先がバラバラに分れるのを防ぐ!

amazon-usa-fba-kotei_1

基本的には、海外アマゾン(米国)のセラーセントラル操作は国内で行っているものと同じです。

しかしながら初めに設定しておかなければならないことがいくつかあります。

その中で、今回はFBA納品先の設定について説明してきます。


Sponsored Links

FBAの送り先がバラバラに分かれるのを防ぎ、送料の削減を行う

2015年6月以降の日本アマゾンも同様の仕組みになりましたが、米国アマゾンのFBA納品先は場所が固定されておらず、同じ商品であっても各所にバラバラに納品されてしまいます。
※2015年5月以前の日本アマゾンでは、メディアなら小田原、大型なら大東、小型・中型なら鳥栖(地域による)の様に決まっていました。

参考:アマゾン米国(アメリカ)の大口・小口アカウント変更及びFBA利用開始方法を徹底解説

例えば、何の設定無しに同じボールペンを50個アメリカFBAに送るとして、

FC A … 30個

FC B … 14個

FC C … 6個

※FC:フルフィルメントセンター(Fulfillment Center)の略称。アマゾン独自の配送センターのこと。

の様に自動的に色々なFCに振り分けられてバラバラに分れてしまいます。

ただでさえ海外FBAの送料は高いのに、それが何箱にも分かれていたのでは商売が成り立ちません。

そこで、事前にある設定をすることにより、このFBA納品先がバラバラになるというのを防ぐことができます。


Sponsored Links

FBA納品先設定での固定方法を解説

デフォルトのFBA納品先はバラバラに分かれる設定となっているため、納品先を固定する設定を説明していきます。

amazon-usa-fba-kotei1

  1. セラーセントラルの「Settings」をクリック
  2. 「Fulfillment by Amazon」をクリック
  3. Inbound Settingsの「Edit」をクリック

amazon-usa-fba-kotei2

  1. 「Inventory Placement Service」を選択
  2. 「Update」をクリック
  3. 「Inventory Placement Service」に変わっているのを確認

アマゾン米国のFBA納品先を一か所にまとめたときの手数料を紹介

Inventory Placement Serviceには手数料がかかります。

詳しくは下記を参照してください。amazon-usa-fba-kotei3

簡単に説明すると、スタンダードサイズの商品では、1商品ごとに$0.30~$0.40かかります。

なので、50個のボールペンを納品した場合、1ドル120円計算で1800円程度かかることになります。

無駄な手数料と感じるかも知れませんが、FBA納品先がバラバラになることによる送料の損失や手間を考えると、とても効率的で安価です。


Sponsored Links

関連記事

  1. amazon-usa-professional

    アマゾン米国(アメリカ)の大口・小口アカウント変更及びFBA利用開始方…

  2. amazon-account-global

    海外アマゾン(アメリカ)のアカウント作成方法を解説!日本との違いはW-…

  3. amazon-usa-fax

    海外アマゾン(アメリカ)から本人確認のFAX送信依頼が届いた時の対処法…

 

最新記事一覧

  1. kakaotalk-bittrex-upbit_3
  2. kusa-coin1
  3. nem-wallet
  4. amazon-bitcoin
  5. ethereum-metropolis-period
  6. sbi-cryptocurrency-exchange
  7. lisk-update-delay
  8. encryption-currency-api
  9. bitcoin-jpmorgan
  10. myetherwallet-registration