アマゾンアカウント【出品者の評価】を増やす方法。安価な新品大量販売+評価依頼リクエストメールが王道ステップ!

amazon-rating

アマゾン(Amazon)で商品を購入する側の立場で考えれば、「出品者の評価」が沢山ある出品者からは安心して購入することができます。

CMで見るような有名な出品者であれば、それほど「出品者の評価」は影響しませんが、聞いたこともない名前で、しかも「出品者の評価」もないような出品者からはなかなか購入しにくいものです。

しかし、あなたが新たに物販ビジネスに取り組む場合は「新規出品者」として評価がない状態から開始しなければなりません。

「評価がないから売れない」「売れないから評価がつかない」という悪循環から一刻も早く抜け出すことが物販ビジネスの第一の関門です。


Sponsored Links

売上に大きく影響するアマゾン(Amazon)の出品者の評価

アマゾンでは、アマゾン本体以外に多数の出品者が商品を販売しています。

一般の購入者(お客様)がアマゾンで商品を購入する時には、これらの出品者の中の1つを選んで購入します。

そのとき、これらの出品者が信用できる出品者かどうかを判断するために、アマゾンには商品の購入者が購入元の出品者を評価するシステムがあります。

この評価は、他の購入者が購入する際の参考になり、よい評価が沢山ある出品者はより購入されやすくなります。

アマゾンの出品者評価の仕組み

ここでいう「評価」とは、出品者がアマゾンで商品を購入した購入者(お客様)からいただく「評価」のことです。

アマゾンで商品を購入すると、商品が届いた日の数日後にアマゾンからメールで「出品者への評価依頼」が届きます。

購入者はこのメール本文のある「5 (非常に良い)」~「1 (非常に悪い)」のリンクをクリックすることによって、出品者の評価ができるようになっています。

amazon-rating8

このようにして購入者がつけた評価は、アマゾンの出品者一覧ページの各出品者名(ショップ名)の下に「直近1年の高い評価の割合」と「過去全ての評価数」として表示されます。

amazon-rating2

「直近1年の高い評価の割合」はその出品者の直近1年の全評価に対する高い評価(星5つと星4つの評価の合計)の割合を表した数字です。

「過去全ての評価数」はその出品者の過去の全ての評価数です。

「高い評価の割合」の前に「過去12か月で」と表示されていない出品者は直近1年ではなく過去の全ての評価に対する高い評価の割合を表しています。
(「直近1年の高い評価の割合」と「過去全ての高い評価の割合」のどちらが表示されるかについてはアルゴリズムが非公開のため詳細は不明です。)

amazon-rating7

また「○○%の高い評価」をクリックすると、その出品者への評価のコメントも確認することができます。

amazon-rating3

このように購入者は購入前にその出品者の過去の評価を確認し、「どの出品者から購入するか」を選ぶことができます。

出品者の評価が購入者に与える安心感

アマゾンのようなネット通販で商品を購入する場合は、出品者も商品自体も実際に見ることができないため、「出品者の評価」が購入者の判断材料として大きな割合を占めます。

例えば、同じ価格やパーセンテージで「新規出品者」「評価が1件しかない出品者」「評価が1087件ある出品者」が並んで表示されていた場合、明らかに「評価が1087件ある出品者」が一番安心して商品を購入することができます。

amazon-rating4

このように「出品者の評価」がよければ、より購入されやすくなり、売上や利益が上がりやすくなります。

また、この「出品者の評価」は購入者だけではなく、アマゾン自体も監視しています。

参考:アマゾンからの【アカウント審査】徹底解説!通知がきたら停止や閉鎖にならないように即対応を!

よい評価が沢山あることで、アマゾンから余計な疑いをかけられる可能性も低くなります。

「出品者の評価」を溜めて、あなたのショップの信用力を高めましょう。


Sponsored Links

初心者(新規出品者)が出品者の評価を増やす方法

出品者の立場で考えれば、評価をできるだけ沢山いただきたいというのが正直な気持ちですが、実際には出品者の評価をする購入者はせいぜい20人に1人程度しかいません。

これは出品者の評価をしても、購入者には何のメリットもないことが原因の1つです。

それではどのようにして「出品者の評価」を増やせばよいのでしょうか?

安価な新品を大量に出品して評価の数を増やそう

購入者の立場で考えると、少しでも安く購入できたほうがうれしいものです。

購入者に「安く買えて得をした」と思わせれば、それだけ評価をもらえる数も増えます。

つまり出品する商品を「利益をとるための商品」と「評価を増やすための商品」に分け、「評価を増やすための商品」として非常によく売れる高回転の商品を、赤字にならない程度に価格を安く設定して大量に出品します。

他の出品者の価格より少し安く設定した場合は、追従して価格を下げられる可能性がありますので、大幅に安く設定して一気に売り切るほうがいいでしょう。

評価リクエストメールを送って評価をもらう確率を上げよう

アマゾンが購入者に送る評価リクエストメールとは別に、出品者が独自に購入者に対して評価リクエストメールを送ることができます。

購入者からすれば、いつものアマゾンからの評価リクエストメールではない見慣れないタイトルのメールが届くと本文を読みたくなるものです。

ビジネスインフィニティの調査では、購入者に商品が届いた数日後くらいに評価リクエストメールを購入者に送った場合、評価をもらえる確率が5倍以上に上がっています。

評価リクエストメールは、セラーセントラルの注文管理から送ることができます。

amazon-rating5

  1. Amazonセラーセントラルにサインインして「注文」-「注文管理」をクリック
  2. 注文一覧から評価リクエストメールを送りたい購入者をクリック
  3. 件名の中の「評価リクエスト」をクリック
  4. メール本文を書いて送信

※効果的な評価依頼のテンプレートは重要なノウハウですので、無料メルマガ読者限定で教えています。

商品+αで評価をもらう確率を上げよう

商品に特典やおまけ、手書きのサンクスカードなどを同梱しておくことで購入者の満足度が上がり、評価をもらえる確率が上がります。

例えば「ゲーム機にそのゲーム機用保護シートのおまけを付ける」などです。

ただし、FBAを利用する場合は商品のサイズが大きくなるような特典は避けましょう。

また特典やおまけについては、Amazon規約に下記のような規定がありますので抵触しないように注意が必要です。

  • 取引価格が1000円以下の場合、景品価格を200円以内に収めること
  • 取引価格が1000円を超える場合、景品価格は取引価格の20%以内に収めること(景品が非売品である場合は、市場想定価格で算定すること)
  • (取引価格=商品価格、景品価格=特典の価格)

Amazon規約「Merchants@amazon.co.jp 商品登録ルール」より

迅速な発送で評価をもらう確率を上げよう

購入者の評価コメントで一番多いのが「思ったより早く届いた」「時間がなかったけどすぐに送ってもらって助かった」など迅速な発送に関するものです。

このことから迅速に発送作業を行い一刻も早く購入者へ商品を届ければ、よい評価をもらうことが期待できます。

自己発送の場合は、配送業者の配送時間を考慮し、より早く商品が購入者に届くように心掛けましょう。

FBAを利用すればAmazonが迅速に発送してくれますので、それだけで効果を得ることができます。

FBAを利用してAmazonに発送を依頼している場合でも、まれに「到着予定日に届かなかった」と悪い評価をもらうことがありますが、この場合はAmazonに評価の削除依頼をすることができます。

クレーム対応で評価をもらう確率を上げよう

これは少し希なケースですが、クレーム対応でもよい評価をもらうことがあります。

時々購入者より「初期不良である」「○○の付属品が入っていない(中古品の場合)」などのクレームを電話やメールでいただきます。

その際「全額返金」や「代替品の発送」など速やかに購入者優先の対応をすれば、「この出品者は対応が素晴らしい」と逆によい評価をもらうことがあります。

目先の損得勘定より購入者の感情に配慮した対応を心掛けましょう。

出品者の評価で注意すべきアマゾン(Amazon)規約を紹介

amazon-rating6

アマゾンで物販ビジネスを行う場合、当然ながらAmazon規約に従わなければなりません。

出品者の評価に関しても、Amazon規約がありますので注意が必要です。

知らないうちに抵触していると最悪の場合アカウント停止の可能性もありますので、一度目を通しておくことをおすすめします。

出品者の評価に関するAmazon規約

評価とフィードバック: 評価とフィードバックは、購入者が出品者の全体的なパフォーマンスを評価し、出品者がAmazonマーケットプレイス内で高い信用を築いていくのに役立ちます。出品者は、不正または不適切なフィードバックを掲載し、購入者に対しフィードバックの掲載を強制しもしくはかかる掲載を行うよう脅迫し、出品者自身の取引に関するフィードバックを掲載し、またはフィードバックの掲載事項中に取引相手についての個人情報を掲載することはできません。また、出品者についての評価を操作することは一切禁止されています。購入者にフィードバックを依頼することはありますが、フィードバックの提供や削除の依頼にお金を支払ったり、インセンティブを付与することは禁止されています。 加えて、出品商品について、一般の購入者になりすまして投稿を行ったり、営利目的のカスタマーレビューを投稿することも一切禁止されています。

Amazon規約「出品者の禁止活動および行為、ならびに順守事項」より

少しわかりづらいので、上記に記載されている中で主なものを以下に挙げておきます。

出品者評価の強要の禁止

評価リクエストメールを送ることは認められていますが、評価を強要することは禁止されています。

「原則として評価をいただくことになっています」「5または4の評価が一般的です」など、評価リクエストメールの本文には強要と読みとれるような表現は避けましょう。

出品者評価の提供や削除依頼に対する報酬の禁止

「よい評価をつけていただければ100円キャッシュバックします」「悪い評価を削除していただければ全額返金させていただきます」など「評価」や「悪い評価の削除」に対する対価を払う行為は禁止されています。

参考:アマゾンの悪い評価を削除する方法。自己発送は直接交渉、FBA商品はテクニカルサポートが対応してくれる!

購入者になりすました出品者自身の評価の禁止

別アカウントなどを利用し一般の購入者を装って、自分自身が出品している商品を購入し、自分自身への評価をつけることは禁止されています。


Sponsored Links

関連記事

  1. blanket-testing

    店舗・電脳せどり初心者の登竜門「全頭検査」。アプリやビームを使用して効…

  2. amazon-cancellation

    アマゾンセラーセントラルの解約方法と注意点を徹底解説!小口出品者に変更…

  3. making-amazon-accounts

    アマゾン(Amazon)アカウントの作り方。購入用と出品(販売)用で一…

  4. sedori-map

    グーグルマップを利用して「せどりマップ」を作ろう!店舗仕入れは効率化が…

  5. amazon-danger-permission

    アマゾン【出品禁止商品】【危険物・要期限管理セミナー】【カテゴリー出品…

  6. netshop-research

    電脳せどりでメーカー直販(卸)やネットショップから仕入れる方法を徹底解…

 

最新記事一覧

  1. kakaotalk-bittrex-upbit_3
  2. kusa-coin1
  3. nem-wallet
  4. amazon-bitcoin
  5. ethereum-metropolis-period
  6. sbi-cryptocurrency-exchange
  7. lisk-update-delay
  8. encryption-currency-api
  9. bitcoin-jpmorgan
  10. myetherwallet-registration