アマゾンセラーセントラルの解約方法と注意点を徹底解説!小口出品者に変更し休眠させるのが得策!

amazon-cancellation

アマゾンで物販ビジネスをはじめた人全員が、一生涯続けるわけではありません。

商品を仕入れるのが面倒になり、結果出品している商品は少なく、単純に放置気味になっているセラーセントラルアカウントを解約するのは簡単です。

しばらく、何の商品も売れてないでしょうし、すぐに全商品の出品を停止し、アマゾンの倉庫から残った商品の返送手続きをするくらいで終わります。

しかしながら、日々頑張って営業しているセラーセントラルアカウントの解約はそんなに簡単ではありません。

なぜならば常に保留中の商品が相当量あるはずだからです。

また、返品処理中の商品があったり、Amazonマーケットプレイス保証申請中の商品があったりすることも珍しくはないでしょう。

まずは、これらを全て完了させることが必要です。


Sponsored Links

アマゾン(Amazon)のアカウント解約のための事前準備

アカウントの解約といっても、いきなりアマゾンへ申請を行うわけではありません。

物販をビジネスとして取り組んできた以上は、アカウントを解約するときもお客様へ迷惑がかからないように正しい手順で進める必要があります。

ビジネスマンとして最後まで責任のある行動を心掛けましょう。

出品形態を小口出品に変更し月額登録料を止める

ご存じの通り、大口出品で登録している出品者は月額登録料を毎月請求されます。

一方、小口出品であれば商品が売れない限り特に費用を請求されることはありません。

したがって、大口出品で登録している出品者は、まず小口出品に変更しておきましょう。

大口出品と小口出品の違いについては、下記資料を参照してください。

参考:アマゾン(Amazon)アカウントの作り方。購入用と出品(販売)用で一人2つまで作成可能で、本名以外の登録もOK。

セラーセントラルで小口出品に変更するためには、まず画面右上の「設定」メニューから「出品用アカウント情報」をクリックします。
amazon-cancellation2

  1. 「設定」メニューの「出品用アカウント情報」をクリック
  2. 「ご利用のサービス」の「サービスの管理」をクリック
  3. 「小口出品に変更」をクリック

大口出品の設定は1ヶ月単位ですので、小口出品に変更した後も1ヶ月の区切りがくるまでは大口出品として運用されます。

「出品用アカウント情報」にある「出品ステータス」の「休止設定」は自己発送で出品している商品を販売停止状態にするだけでFBAで出品している商品は通常通り販売されます。
そのため大口出品の場合は休止状態に変更しても月額登録料を請求されます。
これは長期休暇など自己発送の注文を受けられない状態になる場合に使用する設定であり、今回のようにアカウントを解約する場合には不適切です。

出品中の商品を出品停止にしFBAの在庫を返送する

自己発送の商品は、セラーセントラルの「在庫管理」で全ての商品の在庫数を0に変更すれば完了です。

一方、FBAで出品している場合は、アマゾンのFCに保管している商品の返送が必要です。

商品をアマゾンのFCに置いたままにしておくと、出品停止状態でも保管手数料を請求されます。

商品を返送するためには、セラーセントラルにサインインし画面上部の「在庫」メニューから「在庫管理」をクリックします。

amazon-cancellation4

  1. 「在庫管理」をクリック
  2. 「ステータス」のチェックボックスをオンに変更
  3. 「選択中の50商品を一括変更」をクリックして「返送/所有権の放棄依頼を作成」をクリック

詳細情報を入力し、最後に「内容を確定」をクリックすると数日後に該当商品が返送されます。

この操作は、1ページに表示される50商品ずつに行う必要がありますので、返送する商品が50個以上ある場合は、ページ送りをして 2 と 3 の手順を繰り返してください。


Sponsored Links

最後まで責任を持ってお客様対応しよう!

amazon-cancellation12

お客様とのやり取りを全て完了しなければ解約の手続きには進めません。

また解約するからといって適当な対応をとらず、プロフェッショナル精神で最後まで一人一人のお客様に丁寧に対応するようにしましょう。

お客様への対応で主なものは「未出荷の商品の発送」「返金処理」「予約販売のキャンセル」です。

これ以外にも、メッセージのやりとりの途中などの場合は、お客様が納得するまで回答する必要があります。

お客様への未出荷の商品の発送や返金処理

お客様からの注文が入っている商品で未出荷のものはすぐに発送手続きを行いましょう。

また、お客様から返品リクエストがきている場合も早急に解決しましょう。

アカウントを解約した後は、過去の情報に一切アクセスすることができなくなりますので、過去のデータの閲覧が必要な作業は全て完了しておく必要があります。

予約販売のキャンセル通知を送る

予約販売で注文を受けている場合、アカウントを解約するからといってすぐに商品を発送することはできません。

「予約販売の商品が発売され、お客様全員に発送を完了するまでアカウントを継続しておく」か「注文したお客様全員にキャンセル通知を送る」かの二者択一です。

状況にもよりますが、予約販売の商品をキャンセルするのは、お客様に多大な迷惑がかかりますので、できれば全商品を発送するまでアカウントを継続するほうがいいでしょう。

アカウント解約(閉鎖)をアマゾン(Amazon)へ申請すれば全て完了

アカウントの解約は、一度申請をすると取り消すことはできません。

また、アカウントを解約するということは、下記の状況になることを意味します。

  • 過去のデータには一切アクセスできなくなる
  • 将来、物販ビジネスを再開する際は、新規アカウントの作成から行う必要がある
    (出品者評価は0件からやりなおし)
  • あなたのショップを気に入ってくれているお客様が離れる

もしアカウントを解約後に、物販ビジネスを再開したい場合は、また0からアカウントを育てる必要があります。

参考:アマゾンアカウント【出品者の評価】を増やす方法。安価な新品大量販売+評価依頼リクエストメールが王道ステップ!

出品形態を小口出品に変更し、FBAの在庫を全て返送すれば、アカウントを継続していても追加の費用を請求されることはありません。

一度解約したアカウントを復活することはできませんので、「本当にアカウントの解約が必要か」再度考え直して後悔のないようにしましょう。

最後にもう一度FBAの在庫商品の確認が必要

アカウントを解約する前にもう一度FBAの在庫を確認し、もしあれば再度返送などの手続きを行う必要があります。

事前に全ての商品の返送を行っていたとしても、また数日後にFBAの在庫が復活しているケースがあるからです。

例えば、「お客様から未開封のまま返品された」「購入保留中の商品がキャンセルされた」などの場合です。

アカウントを解約する前にもう一度FBAの在庫を確認し、もしあれば再度返送などの手続きを行う必要があります。

amazon-cancellation10

事前に全ての商品の返送を行っていたとしても、また数日後にFBAの在庫が復活しているケースがあるからです。

例えば、「お客様から未開封のまま返品された」「購入保留中の商品がキャンセルされた」などの場合です。

在庫商品の棚卸しを行い、本当に全ての商品を返送したか確認しましょう。

盲点になりやすい銀行口座の確認

アマゾンから未入金の売上がある場合など、アカウントを解約した後もアマゾンからの振り込みが行われる可能性があります。

アカウントを解約する前に、振込先の銀行口座が有効なものに設定されているか再度確認しましょう。

「いままで使っていた銀行口座だから大丈夫」と思いがちですが、実際に「銀行口座が無効なものになっている」というのは多い事例だそうです。

特に気をつけなければいけないのが、銀行口座の名義人が亡くなった場合です。

amazon-cancellation11

銀行は、名義人の死亡を確認すると口座を凍結することがあります。

例えば、アカウント登録している本人が亡くなって、家族が代理で解約手続きを行う場合などは特に注意が必要です。

なお、アマゾンの銀行口座の登録はアカウント本人の名義ではなくても大丈夫です。

テクニカルサポートへのアカウント解約申請方法

アカウントの解約は、システムでクリック式で行うのではなく、テクニカルサポートへ連絡をする形式で行います。

テクニカルサポートへアカウント解約の連絡をするには、まずセラーセントラルにサインインし、画面上部の「ヘルプ」をクリックします。

amazon-cancellation7

  1. セラーセントラルにサインインして「ヘルプ」をクリック
  2. 「お問い合わせ」をクリック

amazon-cancellation8

  1. 「Amazon出品サービス」をクリック
  2. 「出品用アカウント情報」をクリック
  3. 「アカウントの解約」をクリック

amazon-cancellation9

  1. 「アカウントを解約」をクリック
  2. 「Eメール」「電話番号」「コメント、ご意見、解約理由など」を入力
  3. 「リクエストを送信」をクリック

これでアカウント解約の申請手続きは完了です。


Sponsored Links

関連記事

  1. how-to-monorate

    モノレートの使い方(見方)を徹底解説!アマゾン仕入れ用のせどりアプリN…

  2. amazon-fba-beginner

    アマゾンFBA【初心者ガイド】。手数料(保管料)も安く、納品時や返品時…

  3. amazon-danger-permission

    アマゾン【出品禁止商品】【危険物・要期限管理セミナー】【カテゴリー出品…

  4. amazon-rating-delete

    アマゾンの悪い評価を削除する方法。自己発送は直接交渉、FBA商品はテク…

  5. amazon-account-inspection

    アマゾンからの【アカウント審査】徹底解説!通知がきたら停止や閉鎖になら…

  6. making-amazon-accounts

    アマゾン(Amazon)アカウントの作り方。購入用と出品(販売)用で一…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. crypto-click-affiliate
  2. gmocoin-registration
  3. bitcoincash-hardfork
  4. bitflyer-lightning
  5. monex-exchanges
  6. zaif-chart
  7. bitcoin-segwit2x-stop
  8. ethereum-parity-bug
  9. comsa-listing
  10. nem-update-catapult_2
Sponsored Links