ADAコイン/Cardano(カルダノ)の最新情報と今後について解説。コインチェック上場の噂は本当か?

adacoin-latest-information00

2018年に多くの億り人を輩出したと言われているADA(エイダ)コイン。

仮想通貨バブルの崩壊と言われている時期からは大きく価格を下げたものの現在も時価総額ランキングは13位につけています。

最近ではADAコインが新たなバージョンにアップグレードされ、ダイダロスウォレットに複数の変更が加えられたり、カルダノ財団がドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携したりと様々な好材料が発表されています。

また、最近はコインチェックへの上場も噂され始めているようです。

そんなADAコインが今後どのように成長し、展開を見せて行くのか気になっている方も多いと思います。

ここではADAコインの最新情報をお届けし、コインチェック上場の噂についてもお伝えしたいと思います。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

ADAコインが新たなバージョンにアップグレード

adacoin-latest-information01

ADAコインの開発者であるチャールズ氏が8月14日に「Cardanoバージョン1.6.0」のリリースを自身のツイッターで発表しました。

今回のアップデートでは、ADAコインを安全に保管することができるダイダロスウォレットに複数の変更が加えられたことが明らかになっています。

ADAコインの開発を担っているブロックチェーン企業「IOHK」によると新しいバージョンではユーザーインターフェースが大幅に変更されたようです。

今回のアップグレードでダイダロスの使いやすさが向上しただけでなく以下のようば新機能が追加されています。

  • デザイン面での変更
  • 新しいヘルプメニュー
  • 診断ウィンドウの新しい項目
  • 新規インストールの自動言語選択
  • サポート記事へのリンク

ダイダロスを利用しているユーザーは、ダイダロスウォレットを起動すると画面上にアップデートを促す画面が表示されるようになっています。

指示通りにアップデートを行うとすぐに新しいバージョンを利用することができるため、ダイダロスを利用している方はアップデートを行ってみると良いかと思います。

ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携

adacoin-latest-information02

カルダノ財団が、ドイツ・ベルリンを拠点とするブロックチェーン企業「Konfidio」と提携を結んだことが明らかになりました。

Konfidioはブロックチェーン技術を活用して事業向けの分散型アプリケーション、分散型システムのビジネスモデル構築に重点を置いてベンチャー企業などの支援を行なっている企業です。

今回の提携によりカルダノの技術が実社会でビジネスを展開している多くの企業で利用されていくことになると期待されています。

カルダノブロックチェーンを実際のビジネスに役立てて最初は「銀行・物流・製薬産業・貿易金融」における実用化のテストを中心に、それに続いて政府および公共サービスへの技術活用を促進していくとされています。

カルダノプロジェクトは分散型アプリケーション(DApps)などの開発基盤として非常に高い評価を受けています。

プロジェクトの開発が進むにつれて、実際にカルダノのプラットフォームを活用する企業や開発者が求められているため、今回の提携はカルダノコミュニティを拡大するための重要なステップになると考えられています。


Sponsored Links

ADA(カルダノ)の透明性が向上

adacoin-latest-information03

仮想通貨・ブロックチェーン・トークンなど、仮想通貨市場の透明性を高めることを目的とした分析会社である「Messari(メサーリ)」は、情報レジストリに新しく10のプロジェクトが追加されたことを発表しました。

そして、このプロジェクトの中には、ADA(カルダノ)プロジェクトが含まれることが明らかになっています。

Messariは、仮想通貨市場の透明性を高めることを目的として設立されたブロックチェーン分析会社であり、仮想通貨関連企業に関する様々な情報を提供することによって、投資家が仮想通貨関連のプロジェクトが詐欺ではないことを簡単に判断できる環境を提供しています。


仮想通貨関連の事業を行なっているプロジェクトはMessariに参加するかどうかを各自で決定することができ、参加した場合にはビジネスに関する情報を投資家に開示し、投資家の人々が実際に投資を行う前に確認できるデータベースを提供することになります。

投資家たちはMessariの情報を確認することによって、参加している企業の情報や関連ニュースなどを確認することができるため、投資するに値する企業かどうかを事前に確認することができるようになります。

仮想通貨業界では詐欺などの問題が頻繁に起きているため、プロジェクトの透明性を高め、投資家からの信頼を得ることが非常に重要となっています。

Messariは国内ではあまり知られていないものの、海外では有名なウェブサイトの一つであるため、今回新たに参加したADA(カルダノ)などのプロジェクトは、投資家からの信頼を獲得できるだけでなく、より多くの人々に認知されるきっかけを得ることができると期待されます。

コインチェックへの上場について

adacoin-latest-information04

ADAコインがコインチェックに上場するかもしれないという噂が巷で広がっているようですが、現在はカルダノからもコインチェックからもそのような発表は行われていません。

噂が広がった原因はコインチェックの勝屋代表が「次に新規で上場させる仮想通貨はグローバルに人気のあるコインを検討したい」と発言したことから、一部のユーザーが「ADAコインではないか」と勝手に噂したことが広がっているだけだと考えられます。

しかし、ADAコインがコインチェックに上場する可能性が0かと言うとそんなことはありません。

前述したように、コインチェックは新たな仮想通貨の上場を示唆する発言をしていますし、勝屋代表の言う「グローバルに人気のあるコイン」と言う点ではADAコインは十分当てはまっています。

これからの仮想通貨は実用性が重視されてくると言われていますのでそういった意味でもADAコインは活躍していくことになりそうですし、今後も非常に期待の持てるプロジェクトの1つだと思います。


Sponsored Links

関連記事

  1. angelium-wallet000

    【最新】ANGELIUM(エンジェリウム)ウォレットの登録方法と使い方…

  2. ada-coin-loadmap_2

    ADA(エイダ)コインのロードマップ更新履歴(最新版)。2018年2月…

  3. metamask-how-to-use

    【2019最新版】MetaMask(メタマスク)の使い方。chrome…

  4. ethereum-update

    イーサリアムのアップデートはいつ?2018年今後のスケジュールについて…

  5. bitpet_pre_register_2

    Bitpet(ビットペット)という仮想通貨イーサリアムベースの育成ゲー…

  6. ethereum-istanbul00

    イーサリアム(ETH)アップデートのイスタンブールはいつ?2019年1…