ACDコイン上場で爆上げするも再びスワップを実施!BCHプラットフォームへの移行について詳しく解説

acd-swap04

ACDコインのBCHプラットフォームへの移行開発が完了しました。

今後、ACDコインはBCHプラットフォームとなり、新しく生まれ変わります。

これにより、Bitcoin.comウォレットの利用が可能となり、実店舗での決済に向けて大きく前進することになります。

ここではプラットフォーム変更に伴う注意点について説明したいと思います。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

3種類のACDトークンが存在している

acd-swap01

ACDコインとは下記3種類のコイン全てを含めたコインの総称です。

  • 旧ACD

プレセールにて販売されたACDトークン

  • 新ACD

第一回のスワップにて交換されたACDトークン

  • ACD(BCH)

今回のスワップで交換されるBCHプラットフォームのACDトークン


Sponsored Links

ACDコインのスワップについて

acd-swap03
BCHプラットフォームへの移行に伴い、ACDコインのスワップが再度実施されます。

Coinsuperで新ACDを保有している方

Coinsuperで自動交換されます。

Coinsuperにて3月12日12時からACDコインの引き出し、預け入れができなくなります。

また、Coinsuper内でのスワップが完了後、新ACDをCoinsuperに送ることができなくなります。

※スワップ完了後にお手持ちの新ACDコインをCoinsuperに送ると、Walletに反映されず、返却対応も受けられなくなりますのでご注意ください。

詳細のスケジュールなどはCoinsuperのサイトも合わせてご確認ください。

外部リンクアイコンCoinsuper(Coinsuper)公式サイトはこちらから

MyEtherWalletで新ACDを保有している方

BCHプラットフォーム用のWalletを用意する必要があります。

そちらにACD(BCH)が送られます。

Walletの作成方法は下記のマニュアルを確認して下さい。

外部リンクアイコンWalletの作成方法はこちらから

Walletの作成が完了したら、下記のフォームより、ご自身の情報を入力します。

外部リンクアイコンACDコインスワップ申し込みフォームはこちらから

保有している新ACDをアドレスに送付します。

新ACDの返却が確認でき次第、ACD(BCH)が配布される流れになります。


Sponsored Links

関連記事

  1. sbi-cryptocurrency-exchange

    【仮想通貨】SBI取引所が開業準備。バーチャルカレンシーズの取り扱い通…

  2. jaxx-wallet

    ジャックス(Jaxx)ウォレットの登録方法と使い方。保管できる仮想通貨…

  3. financial-services-agency00

    金融庁が仮想通貨とICO関連の事務ガイドラインを改正

  4. blockchain-info-wallet

    blockchain.infoとは日本語対応のウェブウォレット。登録か…

  5. zaif-token-comsa

    zaif(ザイフ)トークンとCOMSAの連携連動キャンペーンを発表!今…

  6. cointap-register_1

    cointap(コインタップ)が事前登録を開始!取引所「DMM Bit…