イエスマンこそが会社組織を強くする。管理職の役割と責任は「自我を捨て社長の決定を迅速に実行する」こと。

yesman-manager

「イエスマン」というと「自分の意見を持たず「はい」しか言わない社員」「仕事に対して受け身の社員」など否定的な印象を持つ人が多いと思います。

しかし、ここでいう「イエスマン」とは一般的に言われている「受け身の姿勢のイエスマン」とは少し意味が異なります。

例えば、あなたがある会社の社員だとしましょう。

あなたが会社で働いているということは、自分の意志でその会社に入社することを決断したわけです。

つまり、会社の理念や目的に賛同したらから入社したわけですよね。(給料だけで会社を選択したのであればその時点で考え方が間違っています)

そうであれば、入社した時点で会社の方針に従うのが当然であり「イエスマン」になるべきなのです。

本当の強い組織は、社長をはじめ管理職、一般社員など全社員のベクトルが同じ方向を向いています。

つまり、全ての社員が「イエスマン」になったときに、会社組織が強固になるわけです。

もし、この考え方に否定的な意見を持っているのであれば、この記事を最後まで読んでみてください。

おそらく考え方が変わるはずです。


Sponsored Links

管理職の価値は社長の決定を実行するスピードで決まる

yesman-manager1

「できる管理職」になるため、管理職の役割を正しく理解することが大切です。

「社長」と「社員」

あなたは、その本質的な違いを考えたことがありますか?

答えは簡単で「仕事の内容」です。

社長の仕事を一言で表現すると「決定すること」です。

  • 新規事業の展開
  • 来年度の予算
  • 目標設定
  • 事業縮小の決断

いずれも社長の決定で決まります。

極端なことを言えば、会社を設立するのも社長の決定ですし、会社の倒産も社長の決定です。

しかしながら、世の中にはこのことを理解していない社長がいることも事実です。

自分の各種決定の結果として会社が倒産したにも関わらず「円安がわが社に与える打撃は大きかった。そのせいで我が社は倒産だ。」などという社長もいます。

これは全くの勘違いで、円安が会社を倒産させたわけでは決してありません。

あくまで社長の各種決断の結果として倒産したのです。

一方、社員の仕事は何でしょうか?

答えは「社長の決定を愚直に実行すること」です。

ここでは管理職を例に出してみましょう。

社長の決定を迅速に部下に伝え、部署全体が一丸となって実行に移すことが管理職の仕事です。

このことをしっかりと理解できていない管理職の人が会社に多くなってきています。

すぐに社長の決定に懸念を示したり、別の進言をする。

その通りに事が進めば「自分の方が社長より仕事ができる」と思ってしまう。

このような管理職が増えてくれば、組織はガタガタになり、最終的には倒産してしまうでしょう。

大事なことなのでもう一度言いますが「優秀な管理職とは、社長の決定を迅速かつ正確に実行できる人」です。

これは、上層部の幹部であるほど意識しなければなりません。

課長より部長、部長より常務、常務より専務がより迅速に実行する必要があります。

しかし、大企業病に侵されてくると、ここに弊害が生じてきます。

幹部達が「自分が会社を動かしている」と勘違いをし、社長の決定を迅速に実行しなくなるのです。

そのような人材ならぬ「人罪」を抱えている企業は、当然ながら業績も悪化し、最終的にはリストラや倒産が待っています。

もちろん、その様な「人罪」を生み出してしまったのも社長の責任ですが、もしあなた自身が現在 管理職で少しでも心当たりがあるのであれば、すぐに態度を改めることをお勧めします。

参考:会社内の人間関係で孤立する原因は?上司や同僚との関係を良好に保つ6つのゴールデンルール。

管理職の役割と責任は「イエスマン」になり社長の決定を実行すること

yesman-manager2

「社長の決定がいつも正しいとは限らない。周囲が事前に過ちを気づかせ別の方法を進言すべきだ。」

おそらくこのように思っている人も多いと思います。

この考えは半分は正しいですが、半分は間違っていると言えます。

確かに、社長と言えども人間ですから、決定したことに間違いがあるのも当然です。

しかし、社長の決定が間違っていたとしても、管理職のあなたは「イエスマン」になり、社長が決定したことを迅速に実行すべきなのです。

仮にその決定が間違っていれば、いずれ失敗するでしょう。

その失敗が早ければ早いほど良いのです。

あなたがイエスマンになり即座に実行すれば、失敗するまでの時間が早く、社長が早い段階で自分のミスに気づくことができます。

そうなれば、すぐに次の一手が出せるので、会社として被る損害も最小限に止めることができます。

では、もしあなたを含めた管理職や幹部が、社長に余計な懸念を示したり進言をして、社長がそれを聞いた場合どうなると思いますか?

おそらく、アレコレと出された意見に対しての議論に多くの時間がかかるだけで、結局 最初に社長が言っていた決定が少し修正された程度のことが実行にうつされるでしょう。
※上司や社長に対して反抗的な意見を述べることで「空気が読めない人」というレッテルが貼られているかもしれません。

参考:場の空気を読む力は仕事において必要不可欠。脱KYのためのコツ【成功法則】を徹底解説。

その結果がどうなるかは容易に想像できます。

元々の社長の決定と大差がないものが実行されるわけですから、当然 失敗に終わるわけです。

これでは、長い時間をかけて議論した人件費や余計な経費がかさむ上に、失敗するまでに時間かかかったことで次の一手が遅れて、他社に先を越される可能性まで出てきます。

もし、このような失敗に終わった場合、管理職や幹部は自分が進言したせいだと反省するでしょうか?

おそらく「社長の責任だ」と思うのが関の山でしょう。

管理職や幹部は「成功すれば自分の手柄」「失敗すれば社長の責任」と考えているのです。

重要なことなので繰り返し言いますが、「決定をするのは社長、実行をするのは社員」です。

これは、会社の規模に関係なく、社員数が一ケタの小さな企業でも、社員数が数万人の大企業でも変わりません。

社長及び社員が、この「本質」に気付いていない企業は、遅かれ早かれ倒産していくでしょう。


Sponsored Links

会社組織のために「自分を変える」か「会社を辞める」かの二択

yesman-manager3

企業が大きくなればなるほど従業員数が多く、その数だけ様々な考えを持った社員が存在します。

「社長の方向性はおかしい」「社長の考え方が理解できない」

この様なことを言い出す社員も増えてくるはずですが、それはある程度 仕方のないことでしょう。

社員に社長の考えなど理解できるはずがありえません。

社員はあくまで会社というシェルターに守られた温室育ちのサラリーマンです。

一人孤独に会社組織を身を削る思いで引っ張っている社長の気持ちなど、社員には理解できるはずもありません。

そもそも、人は自分自身が経験して始めてその事象を理解できます。

ピアノを弾いたこともない人がピアノを弾いている人の気持ちなど分りませんし、結婚をしていない人が、結婚をしている人の気持ちは分りません。

社員は社長を経験したことがないはずなので、当然 社長の気持ちが分らないのです。
※相手の立場を考えたコミュニケーション能力を高めたい方は、別記事を参考にして下さい。

参考:ゲームでコミュニケーション能力を高める方法を徹底解説!アサーション能力向上がビジネス(仕事)成功のカギ。

しかし、社長は社員などさまざまな経験をしているので、社員の考えていることや行っていることが何となく想像できます。

中には高校や大学を卒業してすぐ起業し、そのままずっと社長という人もいますが、そのような人でも、最初の頃は従業員がおらず、社員がやる様な実務をたくさんこなしているはずです。

ですから、社長は社員であるあなたが思っている以上に全体を俯瞰する力があり、その上で様々な決定を行っているわけです。

ここまで言っても未だ社長の批判が口から絶えない人は、おそらくもう会社を辞めたほうが良いでしょう。

会社にとっても、あなたにとっても時間の無駄になるだけです。

会社(社長)に不満が絶えない場合、会社を辞めるか自分の考え方を変えるかの二択しかありません。

あなたが辞めても会社(社長)は全く困らない

yesman-manager4

「自分が辞めたら会社がすごく困るだろう」

「私がいないとうちの会社は回らない」

このようなセリフをよく耳にしますが、残念ながら決してそんなことはありません。

あなたの勤めている会社の従業員が一桁で、あなたのみが経理などの専門職を担当している場合は別ですが、一定以上の従業員数がいる企業においては、あなた一人が辞めたところで全く困りません。

仮に、あなたが担当している仕事の代わりがいなくて困ったとしても、しばらくすれば、まるであなたの存在など元々なかったかのように全てが上手く回っていきます。

属人化防止という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

属人化とは、ある業務を特定の人のみが担当し、その業務をその人以外が全く把握していない状況のことです。

企業はそうならない様に、様々な属人化防止策をとっています。

週に一度、部長会議を開いて全部署の仕事内容を共有したり、専門職には常に新人を配置し後継者を育成したりしています。

ましてや社長ともなれば、あなたが今行っている仕事など本気になればいつでもできます。

これは、一般社員に限らず幹部社員でも同じです。

たとえ幹部の一人が辞めたところで会社には何の問題もありません。

あなたがこれからも会社組織の中で頑張っていこうと思うのであれば、ここをしっかりと理解して傲慢になるのではなく謙虚になることをお勧めします。


Sponsored Links

関連記事

  1. rewarding-work

    サラリーマン「やりがいのある仕事」とは?常に学ぶ姿勢を持ち続けることが…

  2. reciprocation-principle-love

    返報性の原理(法則)を「恋愛事例」でわかりやすく解説。心理学の習得はビ…

  3. subordinate-person-education

    部下の教育で意識する事は「教える」ではなく「育てる」。指導ポイントは失…

  4. worker-personality

    仕事ができる人の特徴や性格の共通点は?前向きな口癖を習慣にすればセルフ…

最新記事一覧

  1. worker-personality
  2. unemployment-insurance
  3. zaif-registration
  4. chatwork-use
  5. bitflyer-registration
  6. tension-approach
  7. poloniex-registration
  8. nanaco-charge
  9. photoshop-way-to-use
  10. paint-way-to-use



error: Content is protected !!