アマゾン(Amazon)アカウントの作り方。購入用と出品(販売)用で一人2つまで作成可能で、本名以外の登録もOK。

making-amazon-accounts

ネット上のECサイトの中で、Amazonは最も高い販売力を有しています。

2016年の売上は約1兆円で、2位ヨドバシカメラの売上約800億円を大きく引き離しています。

Amazonの出品用アカウントを作ることで、その日本一の販売力を利用し、低コストで物販ビジネスを開始することが可能です。

ここでは、Amazonの販売力を利用して稼ぐための出品用アカウントの作り方について説明します。


Sponsored Links

アマゾン(Amazon)アカウントは「購入用」と「出品(販売)用」で2種類を使い分けよう

アマゾンで物販ビジネスに取り組む場合は、アカウントを2つ作成し、一方をアマゾンで商品を購入するための購入用、もう一方をアマゾンで商品を販売するための販売用に使うのがおすすめです。

ここでは、アマゾン(Amazon)のアカウントについて説明します。

購入用と出品用のそれぞれ1つずつのアカウント所有がAmazon規約で認められている

アマゾン(Amazon)のトップページから作成したアカウントは全て購入用アカウントです。

この購入用アカウントでは、アマゾンから商品の購入はできますが、商品を出品(販売)することはできません。

出品(販売)を行うためには、購入用アカウントに出品者情報を登録する必要があります。

出品者情報を登録した購入用アカウントのことを、出品用アカウントと呼びます。

making-amazon-accounts1

この出品用アカウントは、商品を出品(販売)することができます。

もちろんそのアカウントで今まで通り商品を購入することも可能です。

ではなぜ、出品用アカウントで商品を購入することが可能であるのに、もう1つ購入用アカウントを作成するほうが良いのでしょうか?

出品と購入を1つのアカウントで運用していると、出品または購入のどちらかで問題がありアカウントが閉鎖された場合に、出品も購入も同時にできなくなります。

出品と購入を別々のアカウントで運用していれば、どちらかで問題があった場合でも片方のアカウントには影響が出ず使い続けることができます。

また、各種管理においてもアカウントは分けておいたほうが良いと言えます。

例えば、将来的に物販ビジネスが発展していった際などに、複数人で出品用アカウントを管理したりもする為、出品用アカウントはビジネスに特化させたアカウントとしておいたほうがよいでしょう。
※アフィリエイトでアマゾンアソシエイトを行う場合は、同じビジネスというカテゴライズで考え、出品用アカウントに紐付けるのが理想的です。

「名前」は本名、ニックネームのどちらでも登録可能

購入用アカウントを作成する際、「名前」を入力する欄があります。

この名前の欄に入力する文字列は「本名」「ニックネーム」のどちらでも構いません。

しかし、「ニックネーム」で登録をした場合は、領収書の宛名にニックネームがでてしまったりと人によっては不具合が出てしまう為、よほどのこだわりがなければ、本名で登録していたほうが無難でしょう。

名前の文字列は、「出品者の評価を投稿したとき」「商品のレビューを投稿したとき」「ほしい物リストを公開したとき」にも反映されますが、こちらについては投稿する際にその都度ニックネームを記入することが出来るため特に問題はありません。

アカウントの出品形態は「大口出品」と「小口出品」の2種類

出品用アカウントを作成する際に、出品形態を選択する必要があります。

本来、出品形態はそれぞれの出品者の方針によって選択するものですが、今後あなたが物販ビジネスをどんどん拡大していくつもりであれば、基本的には「大口出品」を選択しましょう。

ここでは、2つの出品形態の違いについて説明します。

大口出品と小口出品の違い

大口出品と小口出品の違いは大きく分けると4点です。

大口出品 小口出品
料金プラン 月額4900円 0円
販売手数料 カテゴリーごとに定められた手数料 カテゴリーごとに定められた手数料 + 1商品ごとに100円
出品できる商品のカテゴリ 本、おもちゃ、家電、日用品、ゲーム
時計、健康食品、洋服、靴、バッグ
化粧品、食品、ジュエリー、ペット用品
本、おもちゃ、家電、日用品、ゲーム
購入者が選択できる決済方法 クレジットカード、Amazonギフト
コンビニ決済、代金引換、Edy払い
クレジットカード、Amazonギフト券
ショッピングカート獲得資格の有無 獲得資格あり 獲得資格なし

手数料について、理論上の計算では、1ヶ月に50個以上の商品を販売する場合は大口出品、48個以下の場合は小口出品の方が安くなります。

まだ、物販ビジネスの経験がない人は「1ヶ月50個は多い」という印象があるかも知れませんが、実際にビジネスとして取り組むのであれば、1ヶ月に50個はあっという間に超えてしまいます。

また、出品可能カテゴリーや決済手段が少ないことは、お客様の購買機会を減少させてしまう可能性もあるでしょう。

これだけでも、大口出品を選択する理由としては十分ですが、その他にも大きな要因があります。

それは、アマゾン特有の「ショッピングカートシステム」の存在です。

売り上げが大きく変わるショッピングカートの獲得

アマゾンの商品ページには「カートに入れる」というボタンが存在します。

基本的にお客様が商品を購入する場合は、このボタンを使って購入することが主です。

しかしながら、アマゾンでは同一商品に対して複数人の出品者が販売をしているケースがほとんどです。

この場合、この「カートに入れる」ボタンを押して購入されると一体どの出品者から買うことになるのでしょうか?

実はアマゾンには「ショッピングカート」というシステムがあり、各商品ごとにショッピングカートを獲得している出品者が決まっています。

「カートに入れる」ボタンを押すとこの「ショッピングカートを獲得している出品者」から自動的に買うことになります。

making-amazon-accounts2

このためショッピングカートを獲得していると、他の出品者よりも購入される確率が高く非常に有利です。

仕入れの判断のために現在の価格をモノレートで調べるときも、最安値ではなくこの「ショッピングカートを獲得している価格(カート価格)」を使います。

参考:モノレートの使い方(見方)を徹底解説!アマゾン仕入れ用のせどりアプリNo.1

しかし、そもそも小口出品にはショッピングカートの獲得資格がないため大口出品に比べて非常に不利です。

ショッピングカートの獲得こそがアマゾンでの物販ビジネスにおいて最重要です。

アマゾンは、ショッピングカート獲得についての条件を公開してません。(ビジネスインフィニティでは多岐にわたる実験結果に基づき、カートの仕組みを大よそ解読できています)


Sponsored Links

アマゾン(Amazon)アカウントの作成方法を解説

それでは実際にアマゾンのアカウントを作成していきましょう。

まず購入用アカウントを作成します。

既に購入用アカウントを持っている人は、ここは読み飛ばして次項の「出品用アカウントの作成」に進んでください。

購入用アカウントの作成

アマゾンのトップページを表示し、画面上部の「アカウントサービス」の下に表示される「新規登録はこちら」をクリックします。

もし表示されていなければ「アカウントサービス」のところにマウスカーソルを重ねれば表示されます。

making-amazon-accounts12

making-amazon-accounts13

  1. Amazonのトップページで「新規登録はこちら」をクリック
  2. 「アカウントを作成」画面が表示されたら必要事項を入力
  3. 「Amazonアカウントを作成」をクリック

これで購入用アカウントの作成が完了しました。

出品用アカウントの作成

次に、購入用アカウントに出品者情報を登録して出品用アカウントを作成します。

出品用アカウントの作成は15分程度で終わる簡単なものです。

アカウント作成で用意するもの

出品者アカウントを作成するためには、以下のものが必要です。

予め準備しておきましょう。

  • 出品者情報を登録する購入用アカウント
  • Amazonからの入金を受け取る銀行口座
  • 収支がマイナスになった場合の支払に使うクレジットカード
  • Amazonのサイト上で表示される店舗名
  • アカウント登録の最後に本人確認をするための電話(携帯電話でも固定電話でもOK)

メールアドレスとクレジットカードは、購入用アカウントとは別のものを用意してください。

また、Amazonはヤフオクとは違ってビジネス色が強いため、店舗名はお客様の立場に立って考えることが重要です。

例えば、

  • 個人名や明らかに個人出品を連想させるような店舗名
  • アルファベットのみの店舗名
  • 顔文字を含む店舗名

などはお客様、特に年配の方に不信感を与えることがありますので避けましょう。

  • ホビーショップ○○
  • おもちゃの○○屋
  • ○○電器
  • 激安ショップ○○ Amazon店

など、実店舗でもありそうなものにするとお客様が安心して購入できるでしょう。

ここに挙げたものは全てアカウント作成後に変更が可能です。
ただし店舗名は時間と共に信用を積み重ねていくものですのであまり変更しない方がいいでしょう。

出品者情報の登録

出品者情報の登録は、購入用アカウントでサインインした後に行いますので、まず購入用アカウントでサインインします。

サインインした画面にある「アカウントサービス」のメニューから「アカウントサービス」をクリックします。

making-amazon-accounts14

making-amazon-accounts15

  1. 「アカウントサービス」をクリック
  2. 「出品用アカウント」をクリック
  3. 「amazon出品サービス」画面に切り替わるので「今すぐ登録する」をクリック

「今すぐ登録する」をクリックすると「出品者情報の入力」画面が表示されます。

making-amazon-accounts5

  1. 「店舗名」を入力
  2. 住所を入力
  3. 「電話番号」をチェック
  4. 認証用の文字列を入力
  5. 「認証」をクリック

「認証」をクリックすると、次は電話での本人確認を行います。

making-amazon-accounts6

  1. 電話番号を入力
  2. 「すぐに電話を受ける」をクリック
  3. 自動音声で電話がかかってきますので画面に表示されているPINコードをダイヤルで入力

このとき「すぐに電話を受ける」をクリックすると、すぐに電話がかかってきますので、予め電話の準備をしてからクリックしてください。

PINコードを入力すると「認証しました」と音声が流れますので、電話を切って次の「出品用アカウントの設定」を行います。

making-amazon-accounts7

  1. 「正式名称」を入力
  2. 「出品規約」にチェック
  3. 「次へ」をクリック

ここの「正式名称」は本名を入力してください。

認証が正常に終了すれば、画面が変わって「クレジットカード情報の入力」を行います。

making-amazon-accounts8

クレジットカード情報の入力が終わったら「次へ」をクリックしてください。

画面が切り替わって、「商品情報の入力」画面が表示されます。

making-amazon-accounts9

ここの入力は任意ですので、物販ビジネスがはじめての人は「スキップする」をクリックしましょう。

画面が切り替わって、最後の「商品カテゴリーの選択」画面が表示されます。

making-amazon-accounts11

特に商品カテゴリーが決まっていない場合は、「スキップする」をクリックしましょう。

これで、出品用アカウントの作成が完了しました。

参考:店舗・電脳せどり初心者の登竜門「全頭検査」。アプリやビームを使用して効率よく仕入れをしよう!

銀行口座の設定

ここまでで出品用アカウントの設定は完了しましたが、引き続き「銀行口座の設定」を行います。

「銀行口座の設定」は出品用アカウントを作成した時点では、何も設定されていません。

アマゾンからの初回の入金までに設定をすれば大丈夫ですが、忘れやすいので引き続き行いましょう。

Amazonセラーセントラル画面の右上の「設定」をクリックして、メニューから「出品用アカウント設定」をクリックします。

making-amazon-accounts10

  1. 画面右上の「設定」をクリック
  2. 表示されたメニューの「出品用アカウント情報」をクリック
  3. 「銀行口座情報」をクリック
  4. 「編集」をクリック

銀行口座の編集画面が表示されますので、銀行口座情報を設定してください。


Sponsored Links

関連記事

  1. amazon-cancellation

    アマゾンセラーセントラルの解約方法と注意点を徹底解説!小口出品者に変更…

  2. how-to-monorate

    モノレートの使い方(見方)を徹底解説!アマゾン仕入れ用のせどりアプリN…

  3. blanket-testing

    店舗・電脳せどり初心者の登竜門「全頭検査」。アプリやビームを使用して効…

  4. amazon-rating-delete

    アマゾンの悪い評価を削除する方法。自己発送は直接交渉、FBA商品はテク…

  5. chrome-extension

    電脳せどり無料ツール(拡張機能)の導入【2017年最新版】初心者は仕入…

  6. amazon-rating

    アマゾンアカウント【出品者の評価】を増やす方法。安価な新品大量販売+評…

最新記事一覧

  1. ripplecoin-information
  2. mold-ico
  3. coinbrawl-play
  4. https-ssl-xserver
  5. kickstarter-japan
  6. zaif-token
  7. bitcoin-mining
  8. adsence-revenue-receive
  9. encryption-creditcard
  10. clova-line