ハピタスポイントの貯め方【裏技テクニック】買い物を地道に行い、現金やギフトカードを効果的にゲットせよ!

hapitas

多くのポイントサイトが乱立する昨今、インターネットに詳しい人からすれば、もはやポイントサイトは当り前の存在。

しかしながら、まだ多くの人がこの「ポイントサイト」の存在を知らずに日々損をしているのも事実です。

知っていれば絶対に使うけど、知らないことには使いようがない…

その様な「損」をする人を少しでも減らそうと今この記事をひたすらに執筆しています。

ポイントサイトの代名詞とも言える「ハピタス」を知らずにこの記事に巡り逢った人はすごくラッキーです。

あなたの人生を豊かにする一つの情報になりますので、必ず読んで下さいね!

結論から言います。

「ハピタス」を知ってしまった以上、これからの人生においてハピタスを使わなければをします。

そして、あなたが物販などのビジネスを行っている人であれば、ではなく大損をします。

具体的な金額で言うと【年間20万円〜100万円近く】の大損をしますので、必ずチェックしてください。



ポイントサイトの代名詞【ハピタス】とは?

hapitas11

ヤフーショッピング、ヤフオク、楽天など様々なネットショップサイトから商品を購入したりサービスを利用したときに、ハピタスを経由して(クリックして)から利用するだけで、ポイントがもらえる仕組みです。

2017年現在では、非常に多くのショップやサービス(2000件以上)がこのハピタスのシステムに加入しており、私達が一般的な生活の中で使用するサービスのほとんどが、ハピタス経由で利用することができます。

ポイントの還元率は、実際にショップで利用した金額の1%~5%程度で、元々そのショップで貯まる予定だった独自ポイントと共存できる為、正直利用しない理由は一切ありません。

例えば、ハピタス経由でセブンネットショッピングを利用して3万円の買い物をしたとすると、【nanacoポイントが300円分】と【ハピタスポイントが600円分】と「従来+α」でポイントがつきます。
※ポイント還元率は時期によって異なります。(上記は例)

完全無料で利用できてポイントがつくなんて怪しいのでは?

ハピタスなどのポイントサイトの説明をすると、毎回 質問を頂くのが「怪しいのでは…」という旨。

冷静に考えると、ハピタスを利用するユーザーは一切料金も必要ないのに、ポイントだけ沢山もらえて「そんな上手い仕組みがあるのか…」と思ってしまいますよね…

ハピタス側が儲からないんじゃないかって…

しかし、ハピタスもしっかりと利益を得ているので、そこはご安心を。

実は、ハピタスサイドはユーザーからではなく、登録しているショップ側から利益を得ています。

例えば、先ほどのセブンネットショッピングの例でいうと、

  • ユーザーは、ハピタスを使用するとハピタスポイントが貰えてメリットがある
  • ハピタスは、セブンネットから仲介料を貰えてメリットがある
  • セブンネットは、ハピタスに掲載することでユーザーの目につき、その結果 広告効果が発生しメリットがある
  • ※ハピタスに掲載しておかなければ商品も売れなかったかも知れない

この様に、ユーザー・ハピタス・ショップの3社の関係はしっかりと【Win Win Win】になっているのです。

ハピタスと物販ビジネスの相性は抜群!

【ハピタスを手に入れた物販ビジネス】は「覇王色の覇気を手に入れたルフィ」「スーパーサイヤ人ゴッドを手に入れた孫悟空」「スタープラチナ・ザ・ワールドを手に入れた空条承太郎」と同じくらい最強です。

あなたが物販ビジネスを行っていて、仮に下記の様な状況だとしましょう。

  • 月商500万円
  • 利益率20%
  • 利益額100万円

この場合、あなたの仕入れ額は「400万円」であると計算できます。

月に400万円の買い物をこのハピタスを経由して行った場合、ポイントが1%換算で「年間のハピタスポイント = 48万円」、ポイントが2%換算で「年間のハピタスポイント = 96万円」です。

仮に月商が500万円ではなく、半分の250万円でも先述した金額の半分の「約24万円」「約48万円」が不労所得として手に入ります。

物販ビジネスにおいて月商250万円という数字は、初心者のころを除けば多くの人が軽く達成できる数字なので、ハピタスの利用に関して議論の余地がないことは言うまでもないでしょう。

一般の人でもハピタスは絶対に利用すべき!

hapitas12

ハピタスを使うべき人は何も物販ビジネスを行っている人だけではありません。

インターネットの発達にともない、最近では一般の人のネットショップの利用金額も年々増加しています。

ネットショップの利用頻度が多すぎて、宅配業者の疲弊が社会問題になるほどです。

一統計によると、日本人のネットショップ利用平均額は年間100万円を超えてきていると言われています。

もし、この100万円分の買い物をハピタス経由で行っていたとしたら…

ポイント還元率2%であれば、単純に2万円を不労所得として得ることができるわけです。

実際には、キャンペーンなどでポイント還元率10%超えのショップも多々あるので、もっと多くのポイントをゲットできることでしょう。

実際にハピタスを利用してみよう!

どの様な人でも「ハピタスを利用しないという選択肢」はないことを理解できたと思いますので、ここからは実際にハピタスの利用手順を紹介します。

【ハピタス公式サイト】から無料ユーザー登録する

この操作は最初の1度だけで、その後 面倒な作業は一切ありません。

実際に買い物をするネットショップをハピタス内から選択する

ハピタスには1000件以上のネットショップが登録されています。

基本的に私達が日頃お世話になるショップは、ほぼ間違いなく存在しますので検索窓から検索して探しましょう。

hapitas01

「ポイントを貯める」のボタンを押して利用するショップへジャンプする

このハピタスで行う「作業という作業」は、ポイントを貯めるボタンを押すだけです。

この様な本当に簡単な一手間で、年間に多額のお金が不労所得で手に入ります。

hapitas02

ショップにジャンプ後は、いつも通り買い物をするだけ!

ハピタスからショップへ移動してからは、いつも通り買い物をするだけで、特別な操作は一切 必要ありません。

下記の例では、セブンネットショッピングを使用しているので、ハピタスポイントとは別にnanacoポイントも通常通り貯まります。
(ハピタスを経由したからといって、nanacoポイント率が下がったりはしません。)

hapitas03

貯まったハピタスポイントは「現金」や「その他ギフトカード」に変えられる!

ハピタスの素晴らしさは、ここでも発揮されます。

それは、ポイントを現金に変えられること。

しかも、交換手数料や振込手数料などは無料です!

hapitas05
hapitas04

いかがでしたでしょうか?

「ハピタスの利用」難しかったですか?

恐らく、あなたが思っていた以上に「簡単」だったのではないでしょうか?

実際に、ハピタスがポイントサイトの代名詞の地位まで成長したのは、この「簡単さ」があるからです。

ネットショップで買い物する際にユーザーにストレスがかかる様なサービスでは、世の中に受け入れられませんし、こんな簡単な作業だけで年間に何万・何十万円もの不労所得が得られるからこそ、こんなにも流行っているのだと思います。

ついに誕生!「最強」ハピタスを「史上最強」にする新サービス【Pollet】

hapitas-to-pollet

今まででも十分に最強だったハピタスですが、2017年にさらなる進化を遂げました。

それは【Pollet(ポレット)】の誕生です。

実は従来 ハピタスには「貯まったポイントは月に3万円までしか現金に換金することが出来ない」という弱点がありました。

しかし、その弱点をついにこのPollet(ポレット)が打ち破ったのです。

このPollet(ポレット)を利用することで交換できるハピタスポイントの月間限度額はなんと「30万円」!

しかも、専用のVisaプリペイドカードに現金扱いでチャージできるので、Visaのクレジットカードが使えるショップであればリアルでもネットでもどこでも使えてしまいます。

Visaといっても、あくまでプリペイド型なので通常のクレジットカードの様な審査も一切なく、どんな人でもアプリで申し込めば即日作成ができます。

まだ、ハピタスを利用したことがない人には、この常識外れのPollet(ポレット)革命の素晴らしさが伝わり辛いかもしれませんが、このPollet(ポレット)の登場でハピタスは正真正銘の【史上最強】になりました。

ハピタス公式サイトはこちらから

関連記事

  1. self-affiliate-tax-return

    自己アフィリエイトでも確定申告しないとバレる?マイナンバー導入がサラリ…

  2. moppy

    モッピー(moppy)での稼ぎ方【最新版】スマホとPCの違いや初心者で…

  3. earn-self-affiliate

    自己アフィリエイトでおすすめの稼ぎ方【2017年最新版】FX案件が断ト…

  4. self-affiliate-asp

    自己アフィリエイト(セルフバック)の仕組みと可能な全ASPを紹介!初心…

最新記事一覧

  1. worker-personality
  2. unemployment-insurance
  3. zaif-registration
  4. chatwork-use
  5. bitflyer-registration
  6. tension-approach
  7. poloniex-registration
  8. nanaco-charge
  9. photoshop-way-to-use
  10. paint-way-to-use



error: Content is protected !!