eBayは送料設定(Shipping policy)が一番難しい!Add shipping detailsを極めよう。

ebay-shipping-policy_4

ebay輸出ビジネスを行っていて一番最初につまずくのはこの送料設定です。

むしろ、送料設定が分らずに結局eBayを辞めていく人も多くいます。

なぜそんなに難しいかというと、ただでさえ英語でよく理解できないのに、「アメリカ基準で作ってある」「UI(User Interface)が頻繁に更新される」など混乱させる原因が複数重なっているからです。

今回はその送料設定について徹底的に解説をしたいと思います。


Sponsored Links

初心者が一番難しく感じる「Add shipping details」を分かりやすく解説

まず、送料設定を行える場所ですが3か所あります。

それは、「新規出品画面(Add shipping details)」「出品している商品(Buy it nowのみ)を編集する画面」「送料設定自体を編集する画面(Shipping policy)」です。

通常の人は、間違いなく最初「新規出品画面(Add shipping details)」で送料設定を行うと思いますので今回は新規出品画面をベースに解説します。

参考:eBay出品方法を徹底紹介!【初心者向け最新版】商品詳細から送料や費用設定までを分かりやすく解説。

基本の設定をする

ebay-shipping-policy2

ebay-shipping-policy3

  1. 「Set up your shipping preferences」が表示されている場合は「Cancel」をクリック
  2. 「Add shipping details」の「Add or remove options」をクリック
  3. アメリカ以外への発送設定をするかを設定(おススメ:チェック有り)
    ※eBayはアメリカの会社なので、アメリカ(国内向け)とアメリカ以外(国外向け)を別々に設定する必要があります。
  4. 配達手段の選択肢を設定(おススメ:「Generic sta…shipping services」のみチェック)
  5. 直接受け渡しを選択できるかを設定(おススメ:チェック無し)
  6. 同梱する場合に割引ができるかを設定(おススメ:初心者の間はチェック無し。慣れてきたらチェックは有ってもよい。)
  7. その他設定(おススメ:チェック無し)
  8. 「Save」をクリック

アメリカ向けの送料設定をする

ebay-shipping-policy4

  1. 「Show all shipping options」をクリック
  2. 「Flat: same cost toall buyers」を選択
  3. 複数設定する場合、「Offer additional service」をクリック
    ※複数行設定でき、落札後バイヤーが選択できる。
  4. 配達手段を設定
  5. 送料を設定
  6. 送料無料を設定する場合は、「Free shipping」にチェック
    ※同梱する場合に割引を可能とした場合「Each additional」という項目が表示されるため、2つ目からの送料を設定
  7. 落札から出荷までの期間を設定(おススメ:3営業日)
    ※バイヤーからしてみると、購入したら1日でも早く欲しいと思うため長くても3営業日以内には出荷するようにしましょう。
「Service」の内容はプルダウンで色々と選べるようになってますが、ebayビジネスをはじめた人は

  • Economy Shipping from outside US
  • Standard Shipping from outside US
  • Expedited Shipping from outside US

の3種類だけ使用すれば大丈夫です。

これらは上から、「格安」「普通」「高速」の様な感じで覚えればよいでしょう。

また、「Economy」がSAL便とか、「Expedited」がEMSとか決まっているわけではありません。

あくまで、ポリシーを決めるのは自分自身です。

基本的には「Economy」 = SAL便 / 「Standard」 = 国際Eパケット / 「Expedited」 = EMS などと自分の中で取り決めをしておけばよいでしょう。

上記の図の様な設定にした場合、SAL便だと無料でEMSを選ぶと18ドルかかるという設定にしています。

「SAL便」「国際パケット」「EMS」は全て日本郵便から発送が可能です。

【各配送手段の特徴】
Service 日本郵便 追跡 送料 期間
Economy
SAL便 なし 安い 長い
Standard
国際Eパケット あり 普通 普通
Expedited
EMS あり 高い 速い

実際の金額比較などは、日本郵便のホームページから確認してください。

アメリカ向け以外の送料設定をする

ebay-shipping-policy5

ebay-shipping-policy6

  1. 「Flat: same cost to all buyers」を選択
  2. 複数設定する場合は「Offer additional service」をクリック
  3. 送料設定する基準を選択
    Choose custom location:選択した対象エリアに対して有効
    Worldwide:全世界に有効
  4. 配送手段を選択
    ※選択肢はアメリカ向けと同様の考え方で問題なし
  5. 送料を設定
    ※赤字にならないように一番高いエリアで算出するように注意する
  6. 選択可能な対象エリアを設定
    ※Worldwideを選択した場合は関係なし
上記の図の設定では、EconomyのSAL便で送れる国はカナダ、メキシコ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで、それ以外はExpeditedのEMSでしか送れない設定にしてます。

「Ship to」のところを「choose custom location」にすると国が選べるようになり、「worldwide」にするとすべての国を表します。

つまり、例えばメキシコは、「choose custom location」でもチェックが入っていて、更に「worldwide」でも反応しますので、SAL便とEMSの2種類からバイヤーが選択できるということになります。

逆にブラジルは、「choose custom location」には入っていないので、「worldwide」の設定しか反応しません。

つまり、今回で言えばSAL便は利用できずに、EMSのみとなります。


Sponsored Links

送料設定(Shipping policy)を複数設定して出品の時間を効率化しよう

出品毎に送料設定を1から行うのは非常に時間がかかりますし、間違いのもとにもなります。

そこで、eBayには送料のテンプレートを作ることができますので紹介します。
※Shipping policyと呼ぶ

このテンプレートを商品の大きさなど毎に設定しておけば、出品時にテンプレートを選択するだけで送料設定ができます。

「Business Policies」ビジネスポリシー画面を開く

ebay-shipping-policy9

  1. ビジネスポリシーがない場合はこちらをクリック
    ※「Business Policies」が「Account」ある場合はアクセスする必要はありません。
  2. 「My eBay」画面を開く
  3. 「Account」をクリック
  4. 「Business Policies」をクリック

「Shipping policy」の新規作成を行う

ebay-shipping-policy10

  1. 「Create policy」をクリック
  2. 「Shipping」をクリック

ポリシー名と説明文を入力する

ebay-shipping-policy11

  1. ポリシー名を決める(テンプレート名)
  2. ポリシーの説明を入力

送料設定をする

ebay-shipping-policy12

  1. 「Domestic shipping」の送料を設定
    ※「Domestic shipping」=「U.S. shipping」= アメリカへの配送
  2. 「International shipping」の送料を設定

配送対象外エリアを設定する

ebay-shipping-policy13

  1. 「Create exclusion list」をクリック
  2. 対象エリアを選択
  3. 「Apply」をクリック

南アメリカやアフリカは商品が届かないことが多いため、配送(販売)をしないなど、販売するエリアを限定したい場合に使用します。

出品時には送料設定を選択するだけ

ebay-shipping-policy14

出品時の「Add shipping details」では、毎回設定する必要がなく選択するだけで設定が可能となる。

出品画面でも「Create shipping policy」があり、shipping policyの新規作成が可能となっていますが、不具合が発生することがよくあるためおススメしません。shipping policyを作成する場合は、必ずAccountの「Business Policies」から設定するようにしましょう。

また、送料設定を間違えるとクレームのきっかけとなり返金せざるを得ない状態にもなりかねませんので、人為的ミスを極力無くすためにも「Shipping policy」の設定をおススメします。

参考:eBay商品の送料などの金額を追加や変更したい!支払い済みのお客様へのインボイス請求方法を解説。
参考:eBayでの全額及び一部返金方法を解説!PayPalアカウントとの未連動やクーポン利用時は注意が必要。

送料設定をお客様目線で確認する

eBayで最初の壁といっても過言ではない送料設定。

やっと設定できたと思っても、それがあっているかが非常に気になるところです。

しかし、eBayは自分のアカウントに登録されている住所(国)に応じてUIを変化させる仕組みなので、日本人のアカウントでは日本への送料などについてしか一見確認できません。

だからといって、確認用にと他の国のダミーIDを作るのは大事なメインアカウントまでサスペンド(アカウント停止)になってしまう可能性があります。

そこで安全に「送料設定が正常に設定できているか」を確認する方法がありますので、是非 参考にしてください。

ebay-shipping-policy7

ebay-shipping-policy8

  1. 商品購入画面に移動
  2. 「Shipping and payments」をクリック
  3. 国を切り替える
  4. 「Get Rates」をクリック
  5. 選択した国への送料が表示されるため確認

Sponsored Links

関連記事

  1. ebay-fefund2

    eBayでの全額及び一部返金方法を解説!PayPalアカウントとの未連…

  2. ebay-exhibit-beginner_title

    eBay出品方法を徹底紹介!【初心者向け最新版】商品詳細から送料や費用…

  3. ebay-increase-the-evaluation

    eBayの評価を増やす方法を伝授「まずは購入から集める」が鉄則!買い方…

  4. ebay-limit-up

    eBayのリミットアップという壁は「自動」「電話交渉」「メール」の3つ…

  5. request-change-feedback

    eBay評価の変更依頼の仕方。【例文付き】悪いフィードバックを削除して…

  6. ebay-account

    ebayのアカウント作成方法を紹介!「仕組み」や「イーベイJAPANと…

最新記事一覧

  1. worker-personality
  2. unemployment-insurance
  3. zaif-registration
  4. chatwork-use
  5. bitflyer-registration
  6. tension-approach
  7. poloniex-registration
  8. nanaco-charge
  9. photoshop-way-to-use
  10. paint-way-to-use



error: Content is protected !!