コミュニケーション能力が低い人の特徴や原因は?スキルを向上させるポイントを徹底解説。

コミュニケーション能力は、ビジネスシーン、プライベートに関係なく人生をより良くするために必須です。

もし、コミュニケーション能力が低いければ、仕事での意思疎通が上手くいかずミスが多くなったり、お客様からのクレームの原因になったり、パートナーとの関係が上手くいかなくなったりと良いことが一つもありません。

「私はコミュニケーションが苦手だな」と自覚しているのであれば、これからの心がけ次第でどれだけでも改善することができます。

問題なのは、自分でコミュニケーション能力が低いことを自覚していない人です。

「私は、人と話すのが好きだし上手くいっているよ」

このように自分のことを評価していたとしても、相手から「コミュニケーション能力が低い人だな…」と思われている可能性があります。

ですから、コミュニケーション能力に自信がある人ほど、これから話をする「コミュニケーションが低い人の特徴」に該当していないかどうか確認してみてください。

たとえ該当する項目があっても、それを受け止めることができれば大きな一歩です。

今よりもコミュニケーション能力を高め、より良い人生に変えていけるはずです。


Sponsored Links

コミュニケーション能力が低い人の特徴や上手くいかない原因

communication-ability1

これkら、コミュニケーション能力が低い人の特徴や原因を挙げていきます。

そもそも語彙力がないなどの理由でコミュニケーション能力が低い人は除いています。

「あり方」を変えるだけで改善できるものばかりですので、現状で該当するものがないか確認してみましょう。

自分の話ばかりして相手の話を聞かない

相手の話を聞かずに自分の話ばかりをするのは、コミュニケーション能力が低い人に最も多い特徴です。

酷いときには、相手が話している内容に被せ、自分の話題に変えてしまうなんてこともあります。

相手は話をしている途中で話題を奪われたストレスと、延々と続く話にウンザリすることでしょう。

このような人とコミュニケーションをとっていると、話をしたい内容が話せないので全く会話が楽しくありません。

しかし、本人は、自分が話したいことを話している状況なので、会話が非常に楽しいし満足しています。

こういった理由からも改善がなかなか難しいところです。

もし、あなたに心当たりがあるのであれば、すぐに改善することは難しいかもしれませんが、相手の話を聞くことを意識するようにしてください。

自分の考えに固執し相手に合わせようとしない

自分の意見をしっかりと持っている人は素晴らしいことです。

しかし、その考えに固執し過ぎると、他人の異なる意見に対して受け入れることができなくなるので危険です。

自分の考えに固執している場合、自分の考えが正解だと思い込んでいるケースが多々あります。

もしくは、自分の考えが正解だと自分に言い聞かせ、他の人の考えや意見を認めようとはしません。

【立場】
人それぞれ生まれた環境も違えば、育ってきた環境も違います。
仕事においても職業も違えば、職場内での部署も違います。

ですから、一人ひとり考え方が違って当然です。
自分の立場で物事をとらえるのではなく、相手の立場からみた視点を持つようにしましょう。

参考:会社内の人間関係で孤立する原因は?上司や同僚との関係を良好に保つ6つのゴールデンルール。

相手への気遣いがなく空気が読めない

communication-ability3

コミュニケーション能力が低い人は、相手の状況も考えずにコミュニケーションをとろうとします。

例えば、相手に頼みごとをするときに相手のタイミングを考えようとしません。

【相手が他の仕事で忙しそうにしている状況】
上司A:今すぐこの仕事をお願いしたいけど。
部下B:今どうしても手が離せない仕事がありますのでその後でも大丈夫ですか?
上司A:それは困るな。私も急いでいるから今から取り掛かってもらえないかな?

もし、Bさんがその仕事を受けたとしても、Aさんは「気遣いができない人」「空気が読めない人」のレッテルが貼られることは間違いありません。

自己中心でこのようなコミュニケーションを取っている人は、かなり多いです。

本人は気づいていないことが多いので改善が難しいのですが、もし心当たりがある方は、常に相手の状況を確認して気遣う姿勢を持つように心がけましょう。

参考:場の空気を読む力は仕事において必要不可欠。脱KYのためのコツ【成功法則】を徹底解説。

結論がなく何を話しているのかわからない

「何を言っているのかわからない」「結局、何が言いたいの?」「意味がわからないからもういい」

このようなことをもし言われたことがあるのであれば、コミュニケーション能力が低いと言えます。

このタイプの人は、結論に至るまでの時系列を一から日記のように話そうとする傾向にあります。

例えば、以下のようなイメージです。

今日、朝から東京に行くために向かったんですけど、チェックインに間に合わずに乗り遅れてしまいました。
運がよく直ぐ後の便に乗ることができたので、昼前には着きました。
そこから空港に着いてからは、タクシーでセミナー会場へ向ったので、なんとか開始時間に間に合いました。
セミナーの内容は非常によかったですね。
基準が高い仲間もたくさんできました。

さて、この内容を聞いた場合、この人が何が言いたいのかわかりますか?

おそらく「結局、何が言いたいの?」という感じになると思います。

このように、自分が話したいことを全て話そうとするから、結論やまとまりがない話になってしまうのです。

もし、このような傾向がある人は、はじめに結論を話してから他の話をするようにしましょう。

相手が内容に興味があれば質問してくるはずなので、そのときに詳細を話せばよいと思います。


Sponsored Links

コミュニケーションスキルを向上させるために意識すべきポイント

communication-ability2

これから、解説するポイントを押さえておくことで、あなたはコミュニケーションの達人になれます。

即効性のあるものばかりですので、実践で反復して練習してみてくださいね。

参考:ゲームでコミュニケーション能力を高める方法を徹底解説!アサーション能力向上がビジネス(仕事)成功のカギ。

「Yes」を言ってもらう質問をする

人には、自分のとった行動や考えを肯定してもらいたい心理があります。

コミュニケーションスキルが高い人は、相手に「Yes」を言ってもらう質問を会話の中に取り入れています。
※無意識レベルでできている

「Yes」を言ってもらう質問を繰り返すことで、自分が「Yes」と言ってもらいたい質問で「Yes」がもらいやすくなります。

また、相手の話を引き出すこともできるので、会話の中に意識して取り入れるようにしてください。
※繰り返し意識して練習すると、自然と会話の中でできるようになります

具体的に以下のような使い方をします。

Aさん:今日は天気がいいですね。
Bさん:(Yes)ほんとですね。こんなに晴れたのは久しぶりです。

Aさん:こんなに晴れたら外に遊びに行きたくなりますよね。
Bさん:(Yes)ほんとにそうですよね。

Aさん:そういえば、Bさん犬が好きだと言ってましたよね。
Bさん:(Yes)はい。特にトイプードルが好きで飼っています。

Aさん:そうなんですか。私も好きなんですよ。めちゃくちゃ可愛いですよね。
Bさん:(Yes)はい。可愛すぎて毎日一緒に寝てるんですよね。

Aさん:毎日ですか!すごく可愛がってらっしゃるんですね。
Bさん:(Yes)家族の一員ですからね。

このように、実際に「Yes」と言っていなくても、相手の心の中で「Yes」と言ってもらう質問を意識することが重要です。

そうすることで、相手が気持ちよく会話できるようになり、話をより引き出すことができます。

また、先ほどの続きで、例えばデートに誘おうとする場合に「Yes」がもらいやすくなります。

Aさん:Bさんのトイプードルに会ってみたいです。
Bさん:(Yes)いいですよ。

Aさん:ありがとうございます。今週末とかお時間空いていますか?
Bさん:はい。大丈夫です。

積極的な傾聴の姿勢で相手の話に集中する

communication-ability4

多くの人は、自分自身に焦点が当たっている状態で他人と会話しています。
※内的傾聴という

これは、相手の話を真剣に聞いているつもりになっているだけで、実際には聞いていない状態です。

「私は真剣に聞いている」と自信がある人は、以下のチェックリストで該当している項目ががないか確認してみてください。

一つでも該当したら、相手の話を真剣に聞いているつもりになっている状態です。

  • 周囲が気になり視線が移る
  • 相手が求めている答えについて考える
  • 次に話す内容を考える
  • 会話と全く関係ないことを考える
  • 相手の沈黙を待つことができずに再度質問をする

おそらく、できているつもりになっていた人もいるのではないでしょうか。

積極的な傾聴とは、思いっきり前のめりになって、次に話す言葉も考えずに、相手の話に集中し親身になって聞くことです。

例えば、自分にとって非常に重要なことであれば、相手の話を真剣に聞こうとしますよね。

このようなときと同じような姿勢で傾聴してください。

ただし、真剣さのあまり表情が硬すぎると状況によっては相手が話しにくくなるので、表情に抑揚をつけることも重要です。
※表情を意識しすぎると集中できないのであれば、話を聞くことだけに集中する

傾聴するときに重要なポイントを以下に挙げます。

理解を深める4つの質問

会話の中で、相手がまだ話をしていない重要な情報が隠れていることが多々あります。

はじめは表面上の話から入ることが多いので、相手が話をした内容に対して以下のような質問をして具体的に聞いてあげることが重要です。

  • 具体的に?
  • 例えば?
  • というと?
  • 他には?

コミュニケーションが上手くいっていないんですよ → 具体的にどのように上手くいっていないんですか?
よく失敗するんですよ → 例えばどういうときにですか?
最近ついていないんですよ → ついていないというと? 
商品を売るためには価格を下げるしか方法がありません → 他には方法がありませんか?

人には「自分のことを理解してもらいたい」という心理があるため、相手の話を深く掘っていき満足度を上げるように心がけましょう。

身体や言葉のあいづち

あいづちは、相手に気持ちよく話をしてもらうために必要です。

細かくうなずいたり、ゆっくり大きくうなずいたり状況に合わせて抑揚をつけることが重要です。
※真剣に話を聞き自然とうなずける状況が理想です

ポイントは、相手の話すスピードに合わせてうなずくことです。

話すスピードにうなずきを合わせることで「ラポール」ができるきっかけにもなります。
※ラポールとはオープンなコミュニケーションができる状態

「おお..」「ほぉ..」「へぇ..」といったように言葉のあいづちもかなり有効です。

感情移入

感情移入は、会話の中で「相手が言ったこと」や、「相手の感情」を理解していることを示し、「自分の言葉」で言い換えて相手に伝えることです。

感情移入することで「自分の言いたいことや気持ちを理解してくれている」と相手が感じるため、強力な信頼関係ができます。

相手のことをほんとに「理解したい」という気持ちがあれば自然と感情移入できるはずです。

この感情移入についてジェームス・スキナー氏は、著書の中で以下のように述べています。

「感情移入」は、最も大きな影響を及ぼす最も即効力のあるスキルだろう。
優れたリーダーをはじめとする成功者のほとんどが、実際のところ毎日のようにこの手法を活用している

成功の9ステップより引用


Sponsored Links

関連記事

  1. communication-ability-improvement-game

    ゲームでコミュニケーション能力を高める方法を徹底解説!アサーション能力…

  2. read-air

    場の空気を読む力は仕事において必要不可欠。脱KYのためのコツ【成功法則…

  3. human-relations

    会社内の人間関係で孤立する原因は?上司や同僚との関係を良好に保つ6つの…

  4. tension-approach

    緊張すると手が震える理由とその対処法。人前で話すのが苦手な人が実践すべ…

最新記事一覧

  1. kickstarter-japan
  2. zaif-token
  3. bitcoin-mining
  4. adsence-revenue-receive
  5. encryption-creditcard
  6. clova-line
  7. freebitcoin-howtoplay
  8. monoka-cashback_0
  9. iPhone8-release-date
  10. comsa-ico-registration